バンダイ HGUC バイアラン レビュー

 

ファン待望の初代バイアランが、実に6年近い歳月を経てHGUCとして誕生。

 

放映当時では叶わなかった、初の1/144スケールでのプラキット化も果たし、心待ちにしていた方々も多いと思われます。

 

それでは、レビューへと参りましょう。

 




 


パッケージ


これまでのバイアラン系と同じく、分厚いパッケージ。

 

 


付属品一覧


HGにしては、かなり部品が多めに見えますが、他のキットからの流用が大半で、使わない余剰パーツも多いです。

 

組み立ても一時間少しで完了します。

 

 


RX-160 バイアラン


純粋な人型MSとは大きく異なるプロポーションや、全身に配された大型スラスターから形成される異形なフォルムを完全再現。

 

この段階でも色分け成型も良好で、細かな部分は塗装を施せば設定通りの配色となります。

 

ボディの大半はバイアラン・カスタムやイゾルデからの流用ですが、時系列としては本機の方が誕生が先という、何とも数奇な運命です。

 

可動には関しても、バイアラン・カスタム等に準じた仕様です。

 

 


頭部


カスタムやイゾルデとは異なる、いかにもティターンズ所属機らしい鋭角的なデザインは、ファンには馴染み深い面構え。

 

モノアイは非可動で、シールで再現。

 

可動範囲はボールジョイント接続で、左右に首を振るのは問題ありません。

 

俯くことは不得手ですが、見上げると言った動きは十分可能。

 

 


肩部


特徴的な巨大な両肩。

 

見た目だけでなく、関節も特殊な構造をしており、多重関節で幅広い可動を実現。

 

肩のスラスターも腕の動きを阻害せず、自由度は極めて良好。

 

加えて、前後左右にも少しだけ可動。

 

脇の下のスラスターは可動し、色分けもなされており、厚みも確保されています。

二基のノズルは可動しませんが、上手く立体化されています。

 

 


腕部


肘関節は90°程可動。

 

しかしながら、多重関節である肩関節の恩恵で、実際の数値以上に可動範囲の広さを実感出来ます。

 

ガルバルディβと違い、こちらのサーベルラックには、実際にビーム・サーベルを収納可能。

 

本機とって、貴重な設定ギミックの一つ。

 

マニピュレータは設定通りの三本指で、残念ながらメガ粒子砲の砲口は再現されておりません。

 

 


胴体


胴体はボールジョイント接続で、左右への旋回は問題なし。

 

ダブルボールジョイントではないので、反らせたりしても大して動きません。

 

本機のトレードマークとも言える背面は、二機のスラスターを装備。

 

ノズル部分は、格子状の緻密なモールドが施してあります。

 

加えて軸関節内蔵で、見た目とは裏腹に幅広い可動を実現。

 

これにより、より多彩な表情付けが可能となります。

 

腰部スラスターは、これまでのものと同様のパーツ構成。

 

 


下半身


 

下半身は新規パーツが導入され、より原型機に近いシルエットを追及。

 

股関節は軸関節可動ですが、思った以上に外装との干渉が大きく、あまり足は広がりません。

 

サイドアーマーは可動式。

 

膝関節は二重関節ですが、デザイン上90°程度しか可動しません。

 

 

キュベレイのように尖ったつま先は、独立可動。

 

足首の可動範囲も優秀で、接地性も高め。

 

但し、側面には肉抜き穴があります。

 

ふくらはぎや膝裏にはシリンダー等が造形され、細部のディテールもこだわり抜かれています。

 

足裏は肉抜き穴等は存在しないものの、モールドはほとんど刻印されておらず、思ったよりあっさりとした印象。

 




 


サイズ比較


「RG ガンダム」との比較。

 

同じ1/144スケールですが、設定でもかなりの大型機ということもあり、標準的なMSと比較しても全高だけでなく、横幅も比類なきボリューム。

 

グリプス戦役時のMSは、恐竜的進化を遂げる前兆として、一年戦争時のMSと比較しても急激な大型化が顕著に現れ始めています。

 

まさに、当時の時代背景がそのまま反映されているとも言えます。

 

次に製作途上の「HGUC ガルバルディβ」との比較。

 

ガンダムより一回り大きいガルバルディβと並んでも、ここまで体格差があります。

 

 


オプション


装備はビーム・サーベル二本、スタンド接続ジョイント、サーベル握り手のみと実にシンプル。

 

専用の握り手に持たせる形となります。

 

サーベルには接続ピンもある関係で、グリップをしっかりと握り締めることが出来ます。

 

ビーム刃も大型の本機に合わせ、標準的な物より長大化しており、違和感を感じさせることもありません。

 

アクションベースは専用のジョイントが付属し、パーツにフィットする構造。

 

 


アクション


「ティターンズは力だ! 力があってこそ、全てを制するんだ!!」

 

「そんなに落とされたいか!!」

 

背中をこれ程魅力的に見せる、数少ないMSの一機がバイアランである。

 

ということで、「HGUC バイアラン」でした。

 

実は筆者、並み居るモビルスーツの中でも、このバイアランは1,2を争う程のお気に入りであり、ギャプランと並んでPS2ソフト「ガンダムvsZガンダム」でも愛機にする程、思い入れの強い機体です。

 

製品は特徴的なプロポーションを再現しつつも、他にはないフレキシブルな可動によって、独特の個性と存在感を放っています。

 

加えて、各スラスターも個別に可動する等、細部まで精密に設計されています。

 

何より、HGUCというブランドで立体化されたこと自体が奇跡的で、構造やデザインも現行のフォーマットで再現され、非常に完成度が高いのも特徴。

 

お気に入りということで、ちょっと褒めすぎたかもしれません。

 

そう思うと、カスタムの活躍に有難みすら感じます。

 

こんなに嬉しいことはない!

 

欠点らしい欠点は見受けられないものの、強いて挙げるなら合わせ目がやや多めなこと。

 

主に肩、腕、スラスターに集中しています。

 

それと、組み終わった後に残る大量の余剰パーツ。

 

と言っても、あって困るものでもありません、念のために保存しておいて良いでしょう。

 

そして、今回はこのように完成致しました。

合わせ目は全てモールド化し、同時に細部のディテールアップを行うことで手間を掛けずに改修。

 

カラーリングは劇中に近い、グレー等の空軍色を用いた渋めな配色へ。

 

キットの状態よりも、リアリティ重視の仕上がりとなりました。

 

製作に関しましては、下記リンクからどうぞ↓

HGUC バイアラン 製作(ゲート痕・合わせ目処理)

HGUC バイアラン 製作2(肉抜き穴の処理)

HGUC バイアラン 製作3(オリジナルディテール追加)

HGUC バイアラン完成(塗装改修済み)

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 


オススメ記事


バンダイ HGUC ガンダムMK-Ⅱ(エゥーゴ仕様)REVIVE レビュー

バンダイ HGUC ガブスレイ レビュー

バンダイ HGUC ハンブラビ レビュー

バンダイ HGUC アッシマー レビュー

バンダイ HGUC ガルバルディβ レビュー

バンダイ HGUC バーザム レビュー

バンダイ HGUC RX-75 ガンタンク レビュー

バンダイ HGUC ゴッグ レビュー

 

 


関連商品



HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 MSA-003 ネモ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-099 リックディアス (クワトロ・バジーナカラー) (機動戦士Zガンダム)


HGUC 機動戦士Zガンダム ガルバルディβ 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 機動戦士Zガンダム バーザム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 NRX-044 アッシマー (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RX-110 ガブスレイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC No.145 1/144 RX-139 ハンブラビ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 ORX-005 ギャプラン (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-108 マラサイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です