HGUC バイアラン今週発売

■HGUC バイアラン 最新テストショット

 




 

いよいよ今週発売となるHGUC バイアランですが、その前に最新のテストショットをご覧いただきましょう。

 

HGUC バイアラン・カスタムから始まり、イゾルデを交えて遂に立体化された初代バイアラン。

 

基本的にはバリエーションキット扱いですが、頭部を始めとした大部分が新規に作り起こされているようです。

 

特徴的なフォルムは見事に立体化されており、最新フォーマットということで、各部もシャープに造形化されています。

 

頭部は完全新規造形。

 

如何にも流用されそうな雰囲気を漂わせておりましたが、流石に細部の形状が全く異なるので、当然と言えば当然なのかもしれません。

 

古参のファンから見れば、ようやく馴染みのあるデザインで立体化されて安心されることでしょう。

 

脚部も大半が新規パーツで構成されています。

 

ふくらはぎの内部メカや、鋭角的なつま先等、細部のディテールも抜かり無し。

 

可動に関しましては、最新フォーマットで構成されてはいるものの、HGとしては標準的な可動範囲に収まっているようです。

 

詳細に関しましては、後日発売の製品で御確認して頂ければと思います。

 




 

今回新たに追加されたパーツ群ですが、意外にも変更された部分は多めです。

 

特に頭部のみならず、脚部、肩、各スラスターといった大部分にも及んでいます。

 

ほとんどのスラスターは、設定通りの配色が素組みの段階で再現。

 

スラスターの色分けは、ビギナーにも塗装派にも嬉しい配慮です。

 

最後にポージングを。

劇中ではあちらこちらで飛び回っていたバイアラン。

 

やはりスタンドは必須のようです。

 

各関節の可動も良好で、製品の発売が楽しみです。

 

画像はバンダイ ホビー事業部からお借りしたものですが、より詳細な内容については公式ブログへ。

 

ということで、ガンプラ最新情報でした。

 

長い年月を経て立体化されただけに、待ちきれないファンもさぞ多いことでしょう。

 

そんなHGUC バイアランは 7/7(土)に発売予定です。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 

・関連記事

バンダイ RE/100 1/100 ビギナ・ギナ レビュー 

バンダイ HGUC ガルバルディβ レビュー

バンダイ Figure-rise LABO(フィギュアライズラボ) ホシノ・フミナ レビュー

バンダイ HGBF ミセス.ローエングリン子完成(塗装改造済み)

バンダイ HGBF ういにんぐふみな レビュー

 

・関連商品


ガンプラ RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)


ガンプラ RG 1/144 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII (機動戦士ガンダム)


ガンプラ RG 1/144 MS-06F 量産型ザク (機動戦士ガンダム)


RG 機動戦士ガンダムMSV MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用ザクII 1/144スケール 色分け済みプラモデル


ガンプラ RG 1/144 MSM-07S シャア専用ズゴック (機動戦士ガンダム)


RG 1/144 MSZ-006 ゼータガンダム (機動戦士Zガンダム)


RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様) (機動戦士Zガンダム)


RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


RG 機動戦士ガンダムUC MSN-06S シナンジュ 1/144スケール 色分け済みプラモデル


RG 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz トールギス EW 1/144スケール 色分け済みプラモデル


RG 1/144 GN-001 ガンダムエクシア (機動戦士ガンダム00)


RG 1/144 GN-000+GNR-010 ダブルオーライザー (機動戦士ガンダム00)


RG 機動戦士ガンダム00 GNT-0000 ダブルオークアンタ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です