バンダイ HG オブシディアン・フューリー レビュー

■HG オブシディアン・フューリーレビュー(素組み)

 




 

「パシフィック・リム アップライジング」の来月公開に先駆け、ジプシー・アベンジャーと同時発売された「オブシディアン・フューリー」です。

 

予告編では事あるごとに、ジプシー・アベンジャーの前に立ちはだかる謎の強敵として登場しますが、その全容は未だ明らかにされておらず。

 

今回は早期にプラキット化された、このオブシディアン・フューリーを細部まで見て行きましょう。

 

 

・パッケージ

パッケージレイアウトはジプシーと変わりません。

 

オブシディアン・フューリーの持つライバル成分溢れるデザインです。

 

今回はランナー状態での撮影を忘れてしまったため、いきなり本体レビューとさせて頂きます。

 

 

 

・オブシディアン・フューリー

 

全身が漆黒の装甲に覆われた、今までにない禍々しさを秘めたオブシディアン・フューリー。

 

全てのパーツが黒一色で統一されるという潔さで、クリヤーパーツで成型された頭部バイザーとプラズマチェーンソーが唯一の色分け部分。

 

ジプシー・アベンジャー同様、本体のディテールや造形の再現度は優秀で、HGとは思えぬ情報量に圧倒されます。

 

全体的にシャープで造形の甘さは微塵も感じられません。

 

 

 

・頭部

黒い頭部に、クリアーイエローで成型されたバイザーが輝くクールなデザイン。

 

のどや首筋周りのシリンダーも精密に造形されており、ディテールも抜かり無し。

 

 

関節は軸関節とボールジョイントの二重関節で、ジプシーより遥かに可動域は広いです。

 

 

・肩

 

肩はジプシー・アベンジャー同様にボールジョイント接続。

 

中々にフレキシブルな動きを見せます。

 

肩アーマーはそれぞれ独立して可動し、極力パーツ間の干渉を避けています。

 

それでもパーツ間で引っかかりが多少あるため、若干動きはぎこちないです。

 

 

 

・腕部

 

 

肘は二重関節で、可動域は優秀です。

今回は握りこぶしだけでなく、平手が左右付属。

 

平手はディテールの細かさに加え、指先までシャープに造形。

 

多少の加工でさらにシャープ化出来そうです。

 

手首の交換時、関節基部のパーツが取れやすいため、接着してしまった方が良いかもしれません。

 

 

・胴体

関節はボールジョイント接続。

 

ジプシー程に自由度は高くありませんが、背を伸ばしたり、猫背になるのは得意です。

 

背面は脊髄を思わせるフレームが造形され、隠れた見所の一つとなっております。

 

 

 

・脚部

股関節は軸関節。

 

可動域はジプシーと大差ありません。

 

大腿部は内側の外装が人間の骨格のように空洞化されており、内部フレーム(ダンパー)が露出した独特のフォルム。

 

 

膝は二重関節で、勿論可動域は抜群です。

 

ふくらはぎの一部は可動し、動きを制限しない構造です。

 

 

 

加えて足首は接地性が非常に高く、ここまで足を広げてもしっかり接地します。

 

足裏も細かなディテールが施されています。

 

ちなみに、付属のシールはマット調のマーキングシール。

全身に点在するオレンジ色のマークは、貼る場所に溝もモールドも存在しません。

 

ですので、見本を見ながら地道に貼っていく必要があります。

 

対象年齢が15歳に引き上げられたのも納得です。

 




 

・武器

武器はクリヤーイエローと黒で成型されたプラズマチェーンソー二種が付属。

 

予告編でも印象的な武器ですが、刃も極めて精緻に作られています。

 

取り付けは腕の外装を取り外しますが、ここにも隠れた内部メカディテールが。

 

他にも肩にミサイルランチャーを装備しているようですが、詳細は不明です。

 

 

・サイズ

ジプシーよりも一回り大きめ。

 

プロポーションは手が長めなため、ややエヴァに近いスタイル。

 

特に三号機に近いイメージですが、色彩やデザインはどちらかというと「パトレイバー」に登場するグリフォンの方が近いかな?

 

ちなみに、「HG ジプシー・アベンジャーDXセット」に付属する専用台座は、本製品にも取り付け可能。

躍動感溢れるポージングが非常に様になります。

 

 

 

 

・アクション

 

 

 

何となくイメージがブラックパンサーと被るんだよなぁ…

 

 

どうもフューリーさん。

 

いざぁ…

 

逝くぞオラァ!

 

何気に強いですね…

 

あぁん? あんかけチャーハン!?

 

 

全てはチャンス!

 

 

あぁん? 最近だらしねぇな!?

 

歪みねぇな

 

ということで、HG オブシディアン・フューリーレビュー終了です。

 

ジプシー同様に高い完成度を誇り、漆黒のボディに精緻なディテールが施され、独特の精悍さを兼ね備えた造形が魅力です。

 

同時に可動範囲も極めて広く、ポージングの幅も多彩です。

 

クリヤーパーツで成型されたバイザーやプラズマチェーンソーが、単色の本機に良いアクセントにもなっています。

 

反面、付属品がプラズマチェーンソーのみとプレイバリューはやや低め。

 

このオブシディアン・フューリーに関しては、未だ予告編の映像からしか情報が無く、今回のプラキットの評価を早急に決めるのは難しいところです。

 

同時に劇中でどのような活躍をしてくれるのか、今から非常に楽しみでもあり、改造や製作に関しては一先ず映画を見てからとしたいところです。

 

今のところ、この製品については満足な出来と感じています。

 


HG パシフィック・リム オブシディアン・フューリー 色分け済みプラモデル

 

 

来月公開の映画もオナシャス!

 

 

・オススメ記事

タカラトミー デュアルモデルキット オプティマスプライム レビュー

バンダイ HG 1/144 マジンガーZ(マジンガーZ INFINITY Ver.)レビュー

バンダイ HG オブシディアン・フューリー完成(塗装済み)

バンダイ HG ジプシー・アベンジャー DXセットレビュー

バンダイ HG ブレーサー・フェニックスレビュー

スーパーミニプラ キングブラキオン レビュー

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー3 超竜神レビュー

バンダイ スーパーミニプラ 撃龍神 レビュー

グッドスマイルカンパニー MODEROID(モデロイド) マジンカイザー レビュー

 

 

・関連商品


HG パシフィック・リム ジプシー・アべンジャー 色分け済みプラモデル


HG パシフィック・リム ジプシー・アベンジャー DXセット 色分け済みプラモデル


HG パシフィック・リム ブレーサー・フェニックス 色分け済みプラモデル


LEDユニット (イエロー)

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です