バンダイ HG オブシディアン・フューリー完成(塗装済み)

■HG オブシディアン・フューリー完成

 




 

ジプシー同様に以前にレビューさせて頂いた「HG オブシディアン・フューリー」ですが、今回は塗装済み完成品をご紹介。

 

製品の詳細な仕様は下記リンクからお願い致します⇩

バンダイ HG オブシディアン・フューリー レビュー

 

オブシディアン・フューリーは製品の状態では、成型色はほぼ黒一色です。

 

パッケージを参考にしても、ほとんど色分けは判別できません。

 

映画公開前ということで、情報も大いに不足している中、悩んだ挙句に自分のイメージを優先することにしました。

 

といっても、劇中のイメージを参考にしつつ製作を致しました。

 

今回はジプシー程に手間は掛からず、細部の塗装をメインとしました。

 

 

 

・オブシディアン・フューリー

 

 

全体的に目立たせ辛いモールドやエッジを際立たせる方向で製作。

 

本体はサーフェイサーを吹いて、フラットブラックで外装を塗装。

 

フレームはライトガンメタルで塗装。

 

フレームや外装の一部にゴールドを乗せて、黒一色の機体にアクセントとしました。

 

墨入れはタミヤのエナメル塗料(クロームシルバー)を薄めて、流し込む手法を施しました。

 

通常の墨入れは黒、茶、グレーの三色が主ですが、本体が黒いので白や銀色を用いてみましたが、思いの外ディテールが引き立たたせることに成功。

 

仕上げにドライブラシでエッジを目立たせ、艶消しコートを軽く吹いて完了です。

 

 

バイザーは裏側にシルバーを塗って、微かながら光を反射させています。

 

首周りのシリンダー部分を筆塗りで塗装。

 

素組みの時よりも金属感を強調したすることに成功。

 

 

腕部は私のイメージで各所に金色を施しました。

 

二の腕部分はモールドが多いので、しっかり墨入れ。

 

腕内部の内部メカも塗り分け。

 

肩のミサイルランチャーは資料や情報もあまりないため、映画を見てから製作に取り掛かりたいと思います。

 

胴体はこれといった改修は施していません。

モールドが集中している箇所なので、墨入れをしっかりと行いました。

 

マーキングシールの貼り付け部分が説明書ではアバウトなので、正確に貼り付けるのは中々に難しく。

 

ですので、説明書をよ~く見ながら貼り付けました。

 

背部も同様に、シールの貼り付けと塗装はチマチマと進めました。

 

予告編では胴体からはビームも照射可能なようですが、映画を見てから製作を決めたいです。

 

脚部はフレームが露出している大腿部を細かく塗り分け。

 

脚部表面や足裏等のモールドもこれまでと同様に墨入れ。

 

 

足回りはドライブラシ等のウェザリングをやや強めに入れています。

 

 

プラズマチェーンソー(展開状態)のものはライトガンメタルを追加塗装。

 

もう一種はライトガンメタルのみで塗装。

 

こちらの墨入れはタミヤのエナメル塗料(フラットブラック)を用いました。

本体に取り付けると、単色の時よりも見栄えが良くなったかと思います。

 

 

素組み(右)との比較。

 

それほど大きな変化はしておりませんが、細部のディテールアップを念頭に置いたため、前回製作したジプシーと比べて比較的基本に忠実なマイルドな仕上がりに。

 

しかしながら、シルバーによる墨入れによって全体が引き締まった印象になりました。

 

金色の塗り分けは黒一色のボディカラーに対して良いアクセントになったかと。

 

単にツヤを抑えるだけでも全体の質感が統一されるのでオススメです。

 

【塗装レシピ】

下地…サーフェイサー1000

外装…タミヤ フラットブラック

金…タミヤのエナメル塗料(ゴールド)

内部フレーム…ライトガンメタル

墨入れ…クロームシルバー

 




 

・アクション

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、HG オブシディアン・フューリーでした。

 

多くの謎に包まれた新型イェーガーですが、予告編では様々な武器を隠し持つ強敵なようです。

 

それまでミリタリー色の強いイェーガーとは一線を画す、漆黒の装甲で覆われた禍々しい雰囲気が印象的な機体です。

 

プラキットも劇中のイメージを反映し、的確に造形されております。

 

価格の割には可動域も広く、ディテールも緻密でamazonでの評価も高いようです。

 

武装がプラズマチェーンソーのみなのが若干物足りないのですが、その他の武器は映画を見た後で製作、後日当記事に画像を追加したいと思います。

 


HG パシフィック・リム オブシディアン・フューリー 色分け済みプラモデル

 

 

ついに映画の公開まで残り3日となりました。

 

今月は「アベンジャーズ インフィニティウォー」や「レディ・プレイヤー1」等の大作映画が目白押しの月ですが、巨大ロボ好きならこの「パシフィック・リム アップライジング」は絶対に外せないと言えるでしょう。

 

さぁ、皆さん。

 

ドリフトの準備を始めましょう。

 

 

・オススメ記事

バンダイ HG ジプシー・アベンジャー 完成(塗装済み)

バンダイ HG ジプシー・アベンジャー DXセットレビュー

バンダイ HG ブレーサー・フェニックスレビュー

スーパーミニプラ キングブラキオン レビュー

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー3 超竜神レビュー

バンダイ スーパーミニプラ 撃龍神 レビュー

グッドスマイルカンパニー MODEROID(モデロイド) マジンカイザー レビュー

 

・関連商品


HG パシフィック・リム ジプシー・アべンジャー 色分け済みプラモデル


HG パシフィック・リム ジプシー・アベンジャー DXセット 色分け済みプラモデル


HG パシフィック・リム ブレーサー・フェニックス 色分け済みプラモデル


LEDユニット (イエロー)

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です