コトブキヤ アークビートル改修(肘関節改造・パーツ整形)

■アークビートル 改修製作1

 




 

以前にレビューさせて頂いた「コトブキヤ アークビートル」ですが、今回からは改修を交えた作例をご紹介。

 

初回は関節強化や合わせ目、ゲート痕処理をメインとします。

 

何かしら製作のお役に立てれば幸いです。

 

製品の詳細な仕様に関しては下記リンクからどうぞ↓

コトブキヤ メダロット アークビートル(特典パーツ付き)レビュー

 

 

さて、今回のアークビートルですが、造形や可動は良好なので、お馴染みのゲート痕及び合わせ目処理がメインとなりそうです。

 

 

全体のプロポーションは良好なので、シルエット自体は変えずに進めたいと思います。

 

この部分に関して言えば、モデラー諸氏の皆さんの好みに改造してもよろしいでしょう。

 

後頭部は合わせ目をモールド化して処理。

 

元々シンプルなデザインなので、ディテールアップを意識して処理すると良いかもしれません。

 

対して、円筒型パーツは合わせ目を消していく予定です。

 




 

下半身も殆ど手は加えていません。

脛の合わせ目をモールド化して処理。

 

つま先は合わせ目も消していきます。

 

大腿部のパーツははめ合わせが硬めなため、楽に分解出来るように、一部ピンをカットして調整した方が良いでしょう。

 

ここまでで、大胆な改修は行っておりませんが、塗装を意識した下準備等は進めて行きたいと思います。

 

しかしながら、肘関節の脆弱さは無視できないので、関節強度を底上げする改修を必要とします。

 

なので、肘関節にはイエローサブマリンの「関節技球体ジョイントミニ」を仕込んで、構造そのものを変えてしまいます。

上腕との隙間は、瞬間接着剤で埋め、やや渋めに調整。

 

この改修作業により、肘関節の抜けやすさは解消され、関節の保持力と強度を両立。

デフォルトのように、腕が垂れ下がることもなく、アクションポーズがビシッと決まるようになりました。

 

地味ながら、これは大きな変更点です。

 

改修作業それ自体は、それ程難しくないため、是非ともチャレンジして頂きたく思います。

 

ということで、今回はここまでとしましょう。

 

次回からは、塗装を交えた改修をご紹介致します。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 


メダロット KBT04-M アークビートル 全高約135mm 1/6スケール プラモデル

 

 

・オススメ記事

コトブキヤ メダロット メタビー レビュー

MODEROID マジンカイザー完成(塗装改修済み)

アオシマ VFG マクロスΔ VF-31J ジークフリードレビュー

祝「レディ・プレイヤー1」出演決定! バンダイ 「RG ガンダム」徹底製作

バンダイ Figure-rise LABO(フィギュアライズラボ) ホシノ・フミナ レビュー

 

 

 

・関連商品


コトブキヤ メダロットDS KBT00-M メタビー 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロットDS KWG00-M ロクショウ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロット DOG00-M シアンドッグ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロットDS KBT10-M ガンノウズ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロットDS KWG-10M サンジューロ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロット KBT05-C サイカチス

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です