HGUC ガルバルディβ改修(モノアイ可動化・パーツ整形)

 

以前にレビューさせて頂いたHGUC ガルバルディβですが、今回からはディテールアップを兼ねた改修と改造方法をご紹介。

 

製品の詳細な仕様については下記リンクからどうぞ↓

バンダイ HGUC ガルバルディβ レビュー

 

今回は主に塗装等を視野に入れた改修ですが、あまりやること自体も少ないのが現状です。

 

それぐらい、プラモデル製品として完成しているので、まずは基本的な改修作業から行いました。

 




 

いつもの通り、基本の基本であるゲート痕処理。

 

数はHG基準なので、それなりといった所ですが、地道に整形。

 

合わせ目はビームライフルと、バックパックくらいです。

 

ライフルは合わせ目を消し、バックパックの合わせ目はモールドとして処理。

 

後は大胆な改修等はせず、細部のディテールアップを行って行きましょう。

 

そのくらいしかやることがありません、このプラキットは。

 




 

今回のキットで最も気になったのは、モノアイの造形。

 

ここはクリヤーパーツ化、可動軸を追加して改修。

デフォルトではリアリティに欠けるので、ウェーブのH・アイズを組み込みます。

 

加えて、モノアイの通例改造である可動ですが、ガルバルディβの頭部自体が小さいため、かなりスペースに制限があります。

 

ねえ改修だなあ。

 

まぁ、後から研磨して形を整えるのでご心配には及びません。

 

元々のモノアイパーツを外し、クリアランスを確保したい所ですが、中々に厳しいです。

 

何しろ狭くて狭くて……ボールジョイントも不可能ではありませんが、頭部の構造そのものが変わってしまうことも考えられるため、より簡単な軸関節可動としましょう。

 

今回は簡単にランナーを切り取って、自作の3mmジョイントとして作り、そこにクリヤーパーツを接着して作りました。

 

この改修により、左右に目線を振る程度は可能となりました。

 

元々、そのくらいしか可動しなさそうなデザインですので、欲張ってボールジョイント可動に手を出さなくても大丈夫かと。

 

正直、目立った改修はこのくらいですが、後はビームライフルのスコープもクリヤーパーツに置き換えたり、塗装で化けさせてみても面白い結果を得られるかもしれません。

 

ティターンズのマーキングをデカールで表現する手もありますが……

 

う~ん、悩みどころですね。

 

そういうことで、今回はここまでとしましょう。

 

次回からは塗装を予定しています↓

HGUC ガルバルディβ改修2(内部フレーム塗装)

 

今週は、Figure-rise LABOのフミナも完成しそうですので、ちょっと気合の入れ方が違いますよぉ。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 



HGUC 機動戦士Zガンダム ガルバルディβ 1/144スケール 色分け済みプラモデル


 

 


関連記事


バンダイ HGUC ガンダムMK-Ⅱ(エゥーゴ仕様)REVIVE レビュー

バンダイ HGUC ガブスレイ レビュー

バンダイ HGUC ハンブラビ レビュー

バンダイ HGUC アッシマー レビュー

バンダイ HGUC バーザム レビュー

バンダイ HGUC バイアラン レビュー

 

 


関連商品



HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 機動戦士Zガンダム バイアラン 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 NRX-044 アッシマー (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム (機動戦士Zガンダム)


HGUC No.145 1/144 RX-139 ハンブラビ (機動戦士Zガンダム)

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です