コトブキヤ メダロット アークビートル(特典パーツ付き)レビュー

 

■アークビートル(素組み)レビュー

 

すっかり途絶えていたコトブキヤ「メダロット」シリーズですが、長い沈黙を破って再始動。

 

今回は並み居るメダロットの中でも、トップクラスの人気と強さを併せ持つ「アークビートル」がラインナップ。

 




 

・パッケージ


シリーズ共通のポップ調なイメージを兼ねています。

 

背景はアニメで初めて姿を現した、コンビニ前の路上をイメージ。

 

今回はコトブキヤ直営店でしっかり購入(値札付き)

 

 

・付属品一覧


コトブキヤ メダロットシリーズは比較的パーツ数が抑えられておりますが、このアークビートルも同様です。

 

組み立ても簡単で、一時間程度で組みあがります。

 

今回の特典パーツは、プロミネンス再現用のイメージカラーパーツ。

 

頭部及び胸部の角がクリヤーパーツで再現されています。

 

取扱説明書は、これまでと同じレイアウト。

 

 

・KBT04-M アークビートル


 

ヘラクレスオオカブトをモチーフにした、力強いフォルムとド派手なカラーリングが鮮烈な印象を与えます。

 

コトブキヤ製品らしく、組み立てただけでも、ほぼ設定のカラーリングを再現。

 

頭部と胸部から突き出たツノは、本機のシンボルであり、強力な武器でもあります。

 

設定では初代主人公である「アガタ ヒカル」の相棒であり、メタビー(イッキ仕様とは別)に代わる後半主役機の地位を確立したものの、それまでの紆余曲折は省略させて頂きます。

 

アニメ版では、ロボトルランキング一位の強者「宇宙メダロッターX」の相棒として登場。

 

ゲームやアニメ等、事あるごとに設定やパラメータは変わりますが、全機体中でも随一の火力と機動力を両立した高性能機で、最強の一角として名を連ねています。

 

特に火力面では敵なしと言われる程で、大抵の相手は一撃で落とされることも。

 

 

・頭部


頭部は同じKBTタイプのメタビーと異なり、ツインアイではくバイザータイプ。

 

一応ツインアイタイプも二種付属。

バイザーはクリヤーパーツで、カメラ等のメカディテールも再現。

 

可動範囲は概ね良好ですが、長大な角が可動の妨げになる場面も。

 

 

・肩


肩関節はシリーズ共通で、ボールジョイント接続。

 

デザイン上の制約があるので、腕は真横まで上げられません。

肩に接続されている排熱ダクトは、開閉可能

 

内部メカまで作り込まれています。

 

 

・腕部


腕の関節もシリーズ共通です。

 

肘の可動範囲は90°程。

 

腕が重く、関節が抜けやすいので、ポージングを付けるのが中々容易でなかったり。

 

三方向に射撃可能な、「イグニッション(右腕)」と「エクスプロード(左腕)」の特徴的なデザインも完全再現。

 

銃口はスプリング内蔵で、実際に弾頭を射出するギミックも搭載。

 

但し、機能不全で不発に終わることもしばしば。

センサー等はクリヤーパーツが施され、ディテールは良好。

 

ハンドパーツは三種類付属。

 

 

・胴体


胸部は巨大な角が突出した特徴的なデザイン。

 

胴体はボールジョイント接続で、フレキシブルに可動。

 

背部のメダル収納ギミックも当然再現。

 

 

・下半身


股関節はボールジョイント接続で、特にこれといって特筆すべき所はありません。

 

膝は90°程可動。

 

足首の接地性は並みですが、安定性は高めです。

 

 

・オプション


 

メダロットシリーズでは定番となった「台詞シート」と「特製スタンド」も、通常通り付属。

 

ですが、アークビートルは劇中ではほぼ無言(というよりは喋れない)でしたので、台詞がイマイチピンと来ない。

 




 

・特典パーツ


コトブキヤオンライン及び、直営店で購入したユーザーに無料配布される限定パーツ。

 

内部が透けて見えるので、電飾を施すのも面白そうです。

 

ただ、組み換えが手間取るので、胸部は楽に換装できるように、他の胸部パーツをもう一式そろえた便利かもしれません。

 

 

・アクション


 

「受けよ、太陽の洗礼! プロミネンス!!」

 

「決まってんだろ! ロボトルだよ、ロボトル!」

 

実弾兵器主体のメタビーに対し、強力なビーム兵器で身を固めたアークビートルと、既にこの時点で世代差を感じさせるパーツ構成。

 

銃火器を一切使わない優しさ。

 

「ヘラクレスオオカブトハ、セカイイチオオキナカブトムシナンダ」

 

「すっごーい! 君はヘラクレスオオカブトのフレンズなんだね!」

 

「力比べだね? 負けないんだから!」

 

「は、挟まないでください!」

 

挟むことに定評のあるヘラクレスオオカブトだから、仕方ないね。

 

ということで、コトブキヤ アークビートルでした。

 

ユーザー期待の人気機体ということで、心待ちにしていたファンも多かったのではないでしょうか?

 

今回もシリーズ通して優秀な造形と可動性能、加えて組み立てやすさ等、ユーザーへの配慮も申し分ないです。

 

モーメントの関係上、転倒しやすい一面もありましたが、基本的にバランスは安定しています。

 

後は肘関節の抜けやすさですが、個体差の可能性もあります。

 

そして、今回はこのように完成致しました。

 

メタリックカラーとパールカラーの採用により、王者の威厳を演出。

 

肘関節の改修と合わせ、塗装もこだわりたいところ。

 

下記リンクからは関節改造を交えた改修をご紹介↓

コトブキヤ アークビートル改修(肘関節改造・パーツ整形)

コトブキヤ アークビートル塗装

コトブキヤ アークビートル完成(塗装改修済み)

 

コトブキヤショップ限定ですと、必殺技プロミネンスを再現するための交換用ツノパーツが特典として付属するので、気になる方は要チェックです。

 

完全に絶えたと思い込んでいましたが、ここでアークビートルが登場したということは、シリーズは今後も続けて頂けるという認識でよろしいでしょうか?

 

まだセーラーマルチや、スミロドナットもキット化されていないのですから、ここで潰えてしまっても困ります!

 

コトブキヤさん、今後もメダロットシリーズをよろしくオナシャス!

 

そのためにも、ユーザー諸氏の皆様の応援(購入)をお願い致します。

 

メダロット流行らせコラ!

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。



メダロット KBT04-M アークビートル 全高約135mm 1/6スケール プラモデル


 

 

・オススメ記事


コトブキヤ フレームアームズ・ガール グライフェン(特典付き) レビュー

コトブキヤ アークビートルダッシュ発売決定

コトブキヤ メダロット メタビー レビュー

バンダイ MG ジェガン レビュー

MODEROID マジンカイザー完成(塗装改修済み)

アオシマ VFG マクロスΔ VF-31J ジークフリードレビュー

祝「レディ・プレイヤー1」出演決定! バンダイ 「RG ガンダム」徹底製作

バンダイ Figure-riseLABO (フィギュアライズラボ) ホシノ・フミナ レビュー

 

 

 

・関連商品



コトブキヤ メダロットDS KBT00-M メタビー 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロットDS KWG00-M ロクショウ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロット DOG00-M シアンドッグ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロットDS KBT10-M ガンノウズ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロットDS KWG-10M サンジューロ 1/6スケール プラスチックキット


コトブキヤ メダロット KBT05-C サイカチス

 





2件のコメント

  1. 一郎さま、レビュー拝見いたしました。
    アークビートルかっこいいですね!
    お伺いしたいんですが、コトブキヤショップ限定パーツはどんな梱包でしたか?

    1. オタポン様

      コメントありがとうございます♪

      流石は王者の風格漂うメダロットですよね!

      私の場合は直接お店まで買いに行きましたが、特典パーツは会計時に渡されます。

      パーツはビニール袋に梱包され、同じく同社から発売されている「モデリングサポートグッズ」と似たような状態でした。

      大体コトブキヤの限定パーツは、そんな感じで配布されますね(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です