HGUC バーザム改修 1(ゲート痕処理)

 

前回レビューさせて頂いた、HGUC バーザムですが、今回からは塗装を見越した改修方法をご紹介。

 

第一回はゲート痕の処理となります。

 

製品の詳細な内容に関しましては、下記リンクからお願い致します↓

バンダイ HGUC バーザム レビュー

 

さて、このHGUC バーザムは近年のガンプラ(特に同シリーズ)では数段パーツ構成が優秀で、本体はおろか、武器にすら合わせ目が出ません。

 

ですので、必然的にゲート痕の処理のみに集中できます。

 

大まかな手順としては下記の通り

 

1. 金やすりで粗削り。

 

2. 次にサンドペーパー(400番)で表面の整形。

         ↓

3. 仕上げにサンドペーパー(800番)で表面を研磨。

 

これでゲート痕の処理は完了です。

 

後はこれを全身に点在する、数十か所を対象に繰り返し作業します。

 




 

そして、ゲート痕処理後の状態がこちら。

 

素組みでは目が付くゲート痕が無くなっただけで、見栄えが大分良くなったと思います。

 

といっても、外観を損なうようなゲート痕でもないため、気にならない方はそのままでも構いません。

 

ですが、塗装処理を含めたグレードの高い仕上がりを目指すなら、この作業は避けて通りません。

 

まさに、このゲート痕の処理で、最終的な仕上げを分けるといっても過言ではありません。

 

完全なルーチンワークですが、人によっては時間を忘れて没頭します。

 

そして、正しいやり方で効率的に進めることで、製作期間を短縮させることも重要です。

 

このゲート痕処理の苦手な方は、間違ったテクニックで実践し、思うような結果が出せないことが多いようです。

 

大体ネットで検索すれば、詳細に解説しているサイトは多いため、正しいやり方を学ぶことが上達への一歩です。

 

次回は、オリジナルディテール追加です↓

HGUC バーザム改修 2(オリジナルディテール追加)

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



HGUC 機動戦士Zガンダム バーザム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


 

 


オススメ記事


バンダイ HGUC ガンダムMK-Ⅱ(エゥーゴ仕様)REVIVE レビュー

バンダイ HGUC ガルバルディβ レビュー

バンダイ HGUC バイアラン レビュー

バンダイ HGUC アッシマー レビュー

バンダイ HGUC RX-75 ガンタンク レビュー

 

 


関連商品



HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 MSA-003 ネモ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-099 リックディアス (クワトロ・バジーナカラー) (機動戦士Zガンダム)


HGUC 機動戦士Zガンダム バイアラン 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 NRX-044 アッシマー (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RX-110 ガブスレイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC No.145 1/144 RX-139 ハンブラビ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 ORX-005 ギャプラン (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-108 マラサイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です