Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修3(パテ盛り・肉抜き穴処理)

 

先日レビューさせて頂いた「Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ」ですが、今回からは塗装を見越した改修を行っていきます。

 

製品の詳細な内容に関しては、下記リンクよりお願い致します↓

バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ レビュー

 

前回はパーツのシャープ化を行いました↓

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修2(形状修正)

 

今回は、肉抜き穴の処理と、脚部のパテ盛り等をメインに行っていきます。

 

ポーチはプラ版を使って隙間を埋め、脚部は足のラインが如何にも無機質なため、エポパテで形状修正を行っていきます。

 

ついでに、フェイスパーツの改修も同時並行で処理。

 




 


ポーチの肉抜き穴処理


肉抜き穴の処理は、パテで埋めるか、プラ版で塞ぐかの二つに一つが世の常。

 

今回は、手軽さと軽量化を見越してプラ版で処理。

 

まずは適当に切り取り、裏側を接着剤で接着。

 

接着後、余分な部分をカット。

 

この時余ったプラ版は、捨てずに残しておくと良いでしょう。

 

接着剤が硬化したら、接着面を研磨して表面処理。

 

角を削って、丸みを付けるとポーチらしい形状となります。

 

ちなみに、プラ版で塞ぐ際に隙間が出来た場合、隙間を流動性のカラーパテを流し込んで隙間を埋めます。

 

硬化後、不要部分を削り取って完了。

 

これで、ポーチの肉抜き穴の処理が出来ました。

 

エポパテで埋めるよりも、プラ版で塞いた方が効率も良く、経済面でも安心出来ますのでオススメです。

 




 


脚部の形状修正


キットはふくらはぎの形状が単調で、そのままでは貧弱貧弱ゥ!

 

ですので、今回はふくらはぎにパテを肉付けして改修。

 

ちなみに、左がキット、右がメガミデバイスの脚部。

 

目標としては、メガミデバイスの造形を参考に形状修正。

 

まずは、エポパテをふくらはぎ周りに肉付け。

 

硬化後に、モーターツールや金やすりで粗削り。

 

切削後、サンドペーパーで表面処理して完成。

 

ということで、整形完了。

 

人間の足の形を参考にしつつも、設定画に近いデザインへ修正しました。

 

加えて、足首周りのエッジも削って、より柔らかさを追及。

 

一連の改修により、キットの状態よりもメリハリのある形状となりました。

 

全体像としては、このような形。

 

今回は設定画のデザインを意識しましたが、さらに人間らしさを目指すなら、より肉感的な形状へ調整しましょう。

 

 

 


フェイスパーツ改修


恒例のフェイスパーツ改修ですが、今回は下唇のみ削ります。

 

いつもなら頬も削り落としますが、通常時の表情に関しては、造形が良い方なので改修点も少なめ。

 

改修後。

 

下唇のみを削るだけで、比較的お手軽な改修です。

 

もちろん、デフォルトでも特に違和感が無いなら、そのままでもOK。

 

ちなみに、今回は微笑みを改造して、完全な笑顔に改修中。

 

ダイバーナミ同様の方法で削り出し。

 

口を開かせる(意味深)だけでも印象が変わります。

 

このくらい表情バリエーションを増やしてもらえると、こちらとしても楽出来るのですが……。

 

まだ改修途中なため、もう少し表面処理を行って塗装予定。

 

ということで、塗装前の改修は以上です。

 

今後は塗装処理を行っていく予定です。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



フィギュアライズスタンダード ガンダムビルドダイバーズ ダイバーアヤメ 色分け済みプラモデル


 

 

 


オススメ記事


グッドスマイルカンパニー チトセリウム プラチナム(プロトタイプ) レビュー

バンダイ HGBD モビルドールサラ レビュー

バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール  グライフェン(特典付き) レビュー

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です