Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修1(合わせ目処理)

 

先日レビューさせて頂いた「Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ」ですが、今回からは塗装を見越した改修を行っていきます。

 

製品の詳細な内容に関しては、下記リンクよりお願い致します↓

バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ レビュー

 

今回は、合わせ目処理をメインに改修を行っていきます。

 

キットは全身に渡って合わせ目が存在するため、最初はこれらを的確に処理していくことを目指します。

 




 


大腿部の合わせ目処理


まずは合わせ目を消していきましょう。

 

合わせ目こんなに消すとか、やめてくれよ……(絶望)

 

消す箇所は、胴体、肩、腕、大腿部を消していきます。

 

まずは大腿部から処理。

 

タミヤセメント(流し込みタイプ)を使い、隙間に流し込みます。

 

流し込んだら、パーツをハメ合わせて、表面にはみ出た接着剤が乾燥するのを待ちます。

 

一時間以上経過したら、モーターツール等で粗削り。

 

次にデザインナイフ、サンドペーパーと変え、表面を研磨処理。

 

肌色部分は成型色で仕上げたいので、サンドペーパーは400~1000番まで使用。

 

整形後。

 

肌は成型色を活かしたいので、それらを意識するならば合わせ目消しは必須技法。

 

ゲート痕が多少目立っても、エアブラシでリタッチすれば、ほぼ判別不可能な程に隠せます。

 

他にも、艶消しコートの上から、肌色のパステルをこすり付けて、簡単に隠す方法もあります。

 

次に脛の合わせ目を消します。

 

意外と消すのが難しいので、金やすりやモーターツールで大胆に削り、サンドペーパーで丁寧に処理。

 

多少、跡が残る場合もありますが、塗装前提ならサーフェイサーで消えるので問題ありません。

 




 


肩~腕の合わせ目処理


同じように腕、肩等も処理。

 

但し、肩は関節と隣接している部分なため、流し込み過ぎると、関節ごと固着してしまうので要注意。

 

肩は少ない量を塗り付けると失敗せず、削る面積も少ないので早く仕上がります。

 

腕の合わせ目は、消す際にシワ等を削って彫を浅くしないよう注意。

 

 


胴体の合わせ目処理


胴体はバストの側面を走る合わせ目を処理。

 

丸みのある形状を極力崩さないよう処理します。

 

次にサラシの合わせ目を消します。

 

ここも、形状を変えないように丁寧に処理。

 

ちなみに、サラシを最初に消し、次に腰部インナーを改修するという方法を推奨。

 

同時に合わせ目処理すると、研磨が難しくなります。

 

胴体の合わせ目処理はこれで完了。

 

合わせ目を消したことで、ボディラインの柔らかさがより強調されるように。

 

髪の毛も大胆なモナカ割なため、この辺りも丁寧に処理。

 

髪の毛は、合わせ目だけでなく、毛先のシャープ化等も行っていくので、最初から丁寧に研磨しなくても大丈夫です。

 

今日の作業はここまで。

 

次回はパーツのシャープ化、形状修正を行っていきます↓

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修2(形状修正)

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



フィギュアライズスタンダード ガンダムビルドダイバーズ ダイバーアヤメ 色分け済みプラモデル


 

 

 


オススメ記事


グッドスマイルカンパニー チトセリウム プラチナム(プロトタイプ) レビュー

バンダイ HGBD モビルドールサラ レビュー

バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール  グライフェン(特典付き) レビュー

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です