バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ レビュー

 

さて、今回のガンプラはノンケファンから多くの支持を受ける忍者が満を持して登場。

 

製品仕様として、従来以上にブラッシュアップされた造形と、上級者にも配慮された内容。

 

と言っても、大方買ったら危ない遊びをすることは明白なんですがそれは……。

 

ん?

 

ちょっと何言ってるか分からない?

 

とぼけちゃってぇ・・・(マジキチスマイル

 




 


パッケージ


 

 


付属品一覧


総パーツ数は従来と大差無し。

 

しかし、使わない余剰パーツの量が異常。

 

ちなみに、この余剰パーツでもう一組胴体を組めますが、一部色が違うので微妙な仕上がり。

 

今回から念願の水転写デカールが付属し、ヘビーユーザーへの嬉しい配慮。

 

ホイルシールも通常通り付属しますが、余白が殆ど目立たないので、こちらも意外に使い勝手良好。

 

 


ダイバーアヤメ


ということ、スケベェ・・・な忍者です。

 

基本的なベースとしては「ダイバーナミ」を踏襲していますが、衣装は忍び装束に変更され、アバター詐欺で実現したグラマーボディも忠実に再現。

 

可動範囲も広く優秀で、造形に関してもこれといった不満はありません。

 

造形に限れば、満足度はシリーズ随一とも言えます。

 

反面、オプションが少ないので、プレイバリューという面ではかなりのマイナス点。

 

しかしながら、他からの流用や対応パーツも存在しているので、拡張性の面ではそれなりに期待は持てます。

 

 


頭部


ユニークな髪型は、難しいデザインながら巧みに立体化。

 

フェイスパーツはマスクが別パーツで再現。

 

ガンプラコスヒロインにおいて、ユーザーが発狂する邪悪な口元が隠れるので、マスク状態に限ればシリーズで最も完成度が高いのが特徴。

 

目のシールも、隙間や余白が殆ど無くなったので、ホイルシールでも十分見栄え良し。

 

後頭部はひとつ結びされた状態。

 

結ばれた髪の毛のボリュームはかなりのもので、エッジのだるさを除けば造形も秀逸。

 

髪留めは別パーツ化され、ポニーテールは軸関節可動。

 

但し構造上、右側の可動域が狭め。

 

また、困ったことにジョイントがマフラーに接触し、首の可動域も若干制限されます。

 

関節はボールジョイント接続で、従来と変わらない構造。

 

首は左右に傾けられます。

 

顎は奥まで引くことが可能。

 

ポニーテールが干渉しつつも、それなりに上を見上げることも可能。

 

通常顔。

 

鋭い視線が魅力的なクールな表情。

 

笑顔(?)

 

微笑みと形容した方が良いでしょう。

 

照れ顔。

 

ツンデレな性格を象徴する表情。

 

満面の笑みが入ってないって、おかしいだろそれよぉ!!

 

交換用フェイスパーツは全三種、マスク装着を含めれば四種。

 

マスクを外した状態でもそりなりに良好なので、気になったら改造あるのみ。

 

 


肩部


肩は「ダイバーナミ」、「モビルドールサラ」等と従来と同じ構造。

 

ボールジョイント接続で、可動域も非常に広いのが強み。

 

前後にもある程度可動。

 

ショルダーアーマー等も無いため、可動域は優秀。

 

 


腕部


基本的にはシリーズ共通関節。

 

肘は二重関節で、広範囲に可動。

 

袖は劇中の忍装束らしい、ダボダボな形状をリアルに再現。

 

ハンドパーツは素手と手の甲が分割。

 

手首関節はボールジョイント接続で、袖の形状で可動域が低め。

 

 


胴体


和装をモチーフとした胴体は、着物の質感と厚みをリアルに表現。

 

グラマラスなボディラインの胴体は、柔らかな造形で表現。

 

当然ながら、脱ぐ等というギミックはあろうはずがございません。

 

ガンプラでキャストオフ等と、その気になっていたお前らの姿はお笑いだったぜ!

 

しかしながら、胴体は余剰パーツとしてもう一つ付属するので、モデラーのお好みで改造出来ることを付け加えておきます。

 

魔改造なんてするのは、多分変態だと思うんですけど(名推理)

 

衣装の際はあれど、構造それ自体は「ダイバーナミ」と同様。

 

胸部から下は左右に回転可動。

 

但し、左右に旋回するとボールジョイントが外れる欠陥部分。

 

左右に動かすと、ボディラインも崩れるので、モデラーにとっては改修すべき部分。

 

反面、前後には極めて大きく可動し、これまでのシリーズを凌駕する可動範囲を獲得。

 

 

背筋を伸ばす動きも、自然にポージング可能。

 

腰の左右のポーチはボールジョイント接続で、フレキシブルに可動。

 

 

 


下半身


ミニ浴衣のように丈が短いスカートは、シワまでリアルに造形。

 

股関節は従来と同様ボールジョイント接続ですが、軸関節に近い自由度の高さを誇ります。

 

基部が上下にスイング可能で、より可動域を拡大可能。

 

スカートはボールジョイント接続で、右側は広い可動範囲を保持。

 

これにより、右足のみながらも腿上げが可能。

 

スカートの分割も丁度良い塩梅で、着物美学チラリズムを演出。

 

左足の可動域は制限されがちながら、右足の可動範囲は非常に広く取られているのが特徴。

 

ハイキック等も十分可能で、総合的なアクション性は高め。

 

大腿部はロール軸で可動。

 

膝は二重関節で、180°近く可動。

 

ニーソックスとロングブーツは分割され、色分けもほぼ完了。

 

つま先や足の甲等も、パーツ分割で色分け済み。

足裏のディテールもリアルに再現。

 

足首関節は軸関節で、前後左右の接地性はかなり優秀。

 

基本的には「ダイバーナミ」と同様の構造で……それしか言えないんかこのサルゥ! 

 

立膝を付くことも出来、他のシリーズと比較しても柔軟な動きが可能。

 




 


オプション


 

オプションは、ディスプレイスタンド、クナイ×2、差し替え用腰部パーツ(上半身ディスプレイ)、背部ジョイント。

クナイは二本付属。

 

刃先のエッジは甘いので、削りだしてシャープ化したいところ。

 

 

差し替え用腰部パーツ(上半身ディスプレイ)

 

上半身のみ飾る場合は、腰部ジョイントを専用のものに差し替え。

 

但し分解はかなり面倒で、合わせ目を消せば二度と差し替え不可能。

 

なので、ジョイントをもう一つ用意して、余剰パーツに組み込んだ分解不要の差し替え方式にすることを推奨。

 

フィギュアライズバストに近い構成で、これはこれで面白い状態。

 

但し、本来は「RX-零丸」とのディスプレイを前提としているため、単体での使い勝手はイマイチ。

 

ディスプレイスタンド。

 

今までクリヤー成型だったスタンドは、黒を基調としたシンプルなものに。

 

唯一の違いは支柱に「SD」の文字が刻印されていること。

 

 

背部ジョイント。

 

本体とディスプレイスタンドを介する接続パーツ。

 

背中にはめることで、スタンドへの接続が可能。

 

加えて、別売のオプションパーツも装備可能。

 

いつもながら、スタンドの方が長いので、宙に浮いた状態以外は不可。

 

 


アクション


 

 

「ワン! ワン! ワン!(迫真)」

 

「なんか犬っぽくねぇよなぁ?」

 

最近、うちのアッガイの扱いが酷いゾ~(小並感)

 

ダーク熊手

 

「死んじゃうよオラオラ」

 

「AYMさんやめちくり~(挑発)」

 

恐らく、大半のユーザー諸氏が考えるであろう組み合わせ。

 

このためだけに「朱羅 忍者」買うとか、この人おかしい・・・(小声)

 

流石に価格と対象年齢を考慮すると、差が出てくるのは言うまでもないことですが、少なくとも見栄えの悪いディスプレイではありません。

 

色的にも正反対で面白いディスプレイ。

 

「ア、アイエエエ!?」

 

「ニンジャ!?  ニンジャナンデ!?」

 

ということで、「Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ」でした。

 

造形そのものに限れば、現段階におけるシリーズトップクラス(当社比)のレベルを誇り、特徴的な忍び装束も忠実に再現。

 

可動は基本的には「ダイバーナミ」に準じていますが、スカートがプラスチックなため足の動きが思いの外狭印象(特に左足)

 

それ以外は優秀なため、欠点を強いて挙げるならエッジのダルさや、肉抜きの存在、そして付属品の少なさ。

 

流石に対象年齢の関係で、他のメーカーの美少女プラキットと比べると造形面では制限を受けている反面、価格が約1/2にまで抑えられているので、どちらも一長一短といった所。

 

しかし、新たに水転写デカールを付属する等、確実にユーザーの配慮に向けた努力を続けているのは事実で、後は不満要素を自分の腕でこれをカバーすることが大事と思われます。

 

ちなみに、今回もフェイスパーツを中心に改修(改造)を推し進めて行きます。

 

ということで、今後のフェイスパーツ改修をイメージした、即興デザイン画を公開処刑。

 

なんだよ……お前の汚絵描き、ガバガバじゃねえかよ(呆れ)

 

5分で描いたから、仕方ないね(妥協

 

時間があればもう少しマシに描いていたでしょうが、とりあえずはこのイメージでフェイスパーツを改修予定(全部再現するとは言っていない)

 

下記リンクからは、各部改修をご紹介↓

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修1(合わせ目処理)

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修2(形状修正)

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ改修3(パテ盛り・肉抜き穴処理)

 

ということで、やっとこさ記事の執筆が終わって、また新しい記事の作成に取り掛かっております。

 

一難去ってまた一難……しょうがねぇなぁ(GKU)

 

ところで、作業中に飲むクォクォアはバンホーテンを置いてるのかな?

 

そもそも車中で執筆なんか出来るわけないだろ!

 

捏造もいい加減にしろ!!

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



フィギュアライズスタンダード ガンダムビルドダイバーズ ダイバーアヤメ 色分け済みプラモデル


 

 

 


オススメ記事


バンダイ HGBD モビルドールサラ レビュー

バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ レビュー

バンダイ Figure-riseLABO (フィギュアライズラボ) ホシノ・フミナ レビュー

フィギュアライズラボ ホシノ・フミナ[The Second Scene] レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

 





4件のコメント

  1. ラフスケッチ、可愛いですね。
    アヤメさんのクナイって零丸のビーム刃付けられそうな形してますね。
    零丸とミキシングしてサムライアヤメとか面白そう…ういにんぐふみなと違ってどっちも元に戻せない不可逆な改造になりそうですけど

    1. ライン様

      コメントありがとうございます♪

      雑なイラストで本当に申し訳ない(謝罪)

      確かに、零丸のエフェクト取り付けられそうな形してますね!

      ミキシングにしても、差し替え改造も出来ないわけではありませんが、かなり大掛かりな改造になるかもしれません……。

      ちょっと色々試してみようと思います!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です