バンダイ スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー SPパックセット レビュー

 

プレミアムバンダイは、忘れた頃にやってくる……。

 

今日は「スーパーミニプラ 超竜神」及び「スーパーミニプラ 撃龍神」に対応するオプションパーツ「SPパックとペンシルランチャー」のセットが到着。

 

佐川急便からの電話で、ハッと思い出した程に忘れ去られていた影の薄い商品ですが、とりあえずはレビューへと参りましょう。

 




 


パッケージ


パッケージはいつも通り、全ての面でデザインが異なる謎のこだわり仕様。

 

 


付属品一覧


付属品は極めてシンプルな構成。

 

組み立ても15分程度で完了する手軽さ。

 

その他、ペンシルランチャー用のホイルシールが一枚付属。

 

今回も一部彩色済みで、パーツ分割では再現出来ない一部スラスターをガンメタルで彩色。

 

ちなみに、要らぬ所にメーカーの記載も。

 

やはり塗装は避けて通れぬのか……?

 

ペンシルランチャーの銃身は一部クリヤーオレンジ成型。

 

 


SPパック


 

 

 

「SPパック」は、「超竜神」及び「撃龍神」が両肩に装備する宇宙用推進剤パックで、正式名称は、「Self Propellant Pack(自己推進剤貯蔵糟)」。

 

超竜神用のは「青と赤」、撃龍神は「黄と緑」で構成されており、この装備により両機は宇宙空間で高い機動力と運動性を発揮出来るようになる。

 

 

 

構造は簡素ながら、各部スラスターの色分けも再現。

 

造形に関してもこれといった問題点は無し。

 

合わせ目は大胆にも側面にガッツリ出現

 

合わせ目を消すか、モールド化してディテールアップするかはユーザー諸氏次第といったところです。

 

接続は設定通り、肩に差し込む方式を採用。

 

 


超竜神(SPパック)


 

SPパックの装備により、より全体が力強いシルエットへ変化。

 

さらにスパルタンなプロポーションへと移行しましたが、ここで大きな問題も。

 

差し込み式の接続方法だと、肩の塗装が剥がれるという大きな問題が露呈。

 

無塗装なら問題はありませんが、塗面を傷つけないようにするには、SPパックを分解して挟み込むしかなさそうです。

 

それか、接触面を削ってクリアランスを確保するかは考えもの。

 

どの角度から見ても破綻なく造形化されており、ディテールや立体表現も秀逸。

 

バーニアはボールジョイント接続で、フレキシブルに可動。

 

 


撃龍神(SPパック)


基本的には色以外全く同じ装備ですが、撃龍神が装備するとより全体のボリューム感がアップ。

 

ただ、左腕の荷台パーツが干渉するため、あまりポーズが付けられません。

 

単なるオプションパーツとしては、プレミアムバンダイ限定というのが惜しいところ。

 

 


強龍神(SPパック)


木星決戦時における貴重な姿。

 

たった二話の登場ですが、劇中では圧倒的な存在感を発揮。

 

 


幻竜神(SPパック)


こちらも強龍神と同じく、木星決戦時での形態。

 

単なる組み換えですが、これはこれでユニークなギミックと言えます。

 




 


ペンシルランチャー


「ペンシルランチャー」は、氷竜・炎竜が運用する手持ち式の多目的ランチャー。

 

硬化弾、ネット弾、炸裂弾といった用途別に様々な弾頭が用意されている。

 

立体化の機会に恵まれない「ペンシルランチャー」ですが、スーパーミニプラでは当然の如く再現。

 

クリヤーパーツの使用で、質感の差異を演出する等のこだわりも感じられる構成。

 

ただ、劇中では頻繁に使われた記憶はありません。

 

銃口には小さな弾頭パーツまで装備。

氷竜、炎竜の機体色に合わせて、弾頭の色も変わります。

 

ちなみに、弾頭は米粒程度のミクロサイズで整形されており、うっかり捨ててしまわないよう注意が必要です。

マガジンはダクトも再現。

 

加えて本体から取り外し可能で、側面は付属のホイルシールでナンバリング可能。

 

サイズは氷竜や炎竜の全高と同じくらいで、程よいサイズ感。

 

ただ、長物だけに抱えるように持つと各部に干渉するので、やや持たせ辛い印象。

 

 


アクション


 

ということで、スーパーミニプラ SPパックセットでした。

 

SPパック自体、あまり存在感の無い装備品でしたが、それを当たり前のように商品化する開発部の暴走ぶりが再び炸裂。

 

製品自体は良く出来ており、造形やパーツ構成は秀逸。

 

ガンプラ等のように、プレイバリューの面でも大いに魅力があるのも特徴。

 

何より、SPパックの商品化自体が奇跡的といっていい程。

 

後半における機界31原種との戦いを再現するには必須とも呼べるパーツで、これが有ると無いとでは、また大きな違いがあります。

 

これにより、今までの立体物では不可能であった超竜神・撃龍神の全形態が再現可能となります。

 

唯一の欠点は、製品の特性を活かすためには超竜神撃龍神の二種を揃える必要があるということ。

 

まだAmazon等では在庫がある上、価格も高騰していないので、プレミア価格にならないうちに揃えるのも一考です。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー SPパックセット


 


オススメ記事


バンダイ スーパーミニプラ プライヤーズ レビュー【前編】

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー3 超竜神レビュー

スーパーミニプラ 超竜神完成(塗装改修済み)

バンダイ スーパーミニプラ 撃龍神 レビュー

スーパーミニプラ キングジェイダーレビュー

スーパーミニプラ キングジェイダー完成(塗装改修済み)

 

 


関連商品



スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 4個入 食玩・ガム(勇者王ガオガイガー)


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 金色の勇者王


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー2 フルコンプ 3個入 食玩・ガム(勇者王ガオガイガー)

スーパーミニプラ キングジェイダー


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー3 超竜神 2個入り 食玩・ガム (勇者王ガオガイガー)


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 撃龍神

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です