ガンプラ H・アイズ使用方法(応用編)


 

モデラー兄貴オッスオッス!

 

今回は、前回好評を頂いた『ガンプラ HGUC モノアイ改修方法』から発展し、さらに幅広い用途で活用出来る方法をご紹介。

 

それでは行きますよーイクイク!

 




 


モノアイのクリヤーパーツ化


 

前回は『HGUC シャア専用ゲルググ』を例にモノアイのクリヤーパーツ化を行ったゾ。

 

頭部が比較的大きい一年戦争時代のMSは、モノアイのクリヤーパーツ化がしやすい部類。

 

しかしながら、グリプス戦役以降のMSは頭部が小型化していくのでスペースに余裕がない場合があります。

 

また、昨今のスタイリッシュなアレンジもこれが災いしてか、モノアイのクリヤーパーツ化と可動化の両立が弊害となる事も。

 

このガブスレイの場合も、HGUC化に際して頭部がかなり小型化された部類。

 

反面、首関節の自由度は高いので、Hアイズを埋め込むだけでも十分ディテールアップ出来ます。

 

小さすぎて埋め込みが難しい場合は、貼り付け(接着)だけでもOK

 

また、H・アイズはモノアイへの置換のみならず、使い方次第で様々なディテールアップが可能。

 

ガブスレイのフロントアーマーには、拡散メガ粒子砲という設定なので大型レンズを使用してディテールアップ。

 

加えて、MA形態時の機首部分のセンサー類も同様にレンズに置換。

 

中央部は自作クリヤーパーツを使用し、塗装でそれらしく再現しています。

 

塗装で再現するよりも、遥かに情報量が高まり、一見しただけではHGUCとは思えないレベルに完成度を引き上げる事も可能。

 

 


H・アイズ (大型)使用例


 

今まではHGサイズのモノアイ(直径約2.8mm)を使用した工作を行ってきましたが、今回は大型レンズ(直径約4.0~5.0mm)を使用します。

 

しかしながら、大型レンズを使用したH・アイズは、今までの工作方法とは異なります。

 

まずはピンバイスで形状に沿って穴を空けます。

 

穴が空いたら、ニッパーやデザインナイフで中央部をくり抜きます。

 

お、空いてんじゃーん!

 

綺麗に円形状に穴が空いたら、軽く微調整して形状修正していきます。

穴が空いたら、プラ版で裏打ちして、レンズをハメ込んでいきます。

 

無論、レンズ裏側にラピーテープを貼っておき、光の反射率を上げておきます。

 

これでパラス・アテネの拡散メガ粒子砲が再現。

 

このように、H・アイズによる改修は、モノアイだけでなく応用次第で様々なディテールアップに転用可能。

 




 


カラーバリエーション


H・アイズは無色透明の他、現在はピンク / グリーン / ブルー / レッド / イエローの全6種が発売中。

 

wave H・アイズ[1]標準サイズ

 

汎用性の高さで言えば、無色透明のものが最も使用率が高い反面、塗膜の擦れが気になる神経質なユーザー諸氏には、成型色で

 

『HGUC アッシマー』ではグリーンを使用。

アッシマー他、サザビー等一部の機体はモノアイがピンクではなく、グリーンのものも存在するため、改修時には設定配色を要チェック。

 

補足ながら、アッシマーは頭部が大きいため、モノアイの可動化改造するためのキャパシティーも十分。

 

腕に覚えのある兄貴達は、モノアイ可動化工作にもチャレンジしてくれよな~頼むよ~

 

前回の改修の詳細に関しては、下記リンクよりどうぞ↓

ガンプラ HGUC モノアイ改修方法

 

ということで、『H・アイズを用いた各部クリヤーパーツ化』でした。

 

H・アイズは極めて使い勝手に優れたアイテムなので、使い方次第で様々なディテールアップが可能。

 

ひと昔前まではクリヤー、ピンクの2色しか無かったものが、今では6色にまで増えてカラーバリエーションも豊富。

 

なので、もっとガンプラのみならず、フィギュアの装飾品へ流用等もお手の物。

 

まさに無限大の可能性を持ったH・アイズを使って、ガンプラとフィギュアの改造、しよう(提案)

 

それでは皆さん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 

 

お売りください。駿河屋です。

 


オススメ記事


HGUC ガブスレイ完成(塗装改修済み)

バンダイ HGUC パラス・アテネ レビュー

HGUC アッシマー完成(塗装改修済み)

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です