HG マジンガーZ 改修1(ゲート痕・合わせ目処理)

 

先日レビューさせて頂いた、HG マジンガーZですが、今回からは塗装を見越した改修を行っていきます。

 

製品の詳細な内容に関しては、下記リンクからお願い致します↓

バンダイ HG 1/144 マジンガーZ(マジンガーZ INFINITY Ver.)レビュー

 

今回は基本中の基本である、整形作業です。

 

まずは合わせ目処理から行います。

 




 


合わせ目処理


 

手始めに腕の合わせ目を処理します。

 

今回は全体のディテールに合わせる形で、合わせ目をモールド化する常套手段で決行。

 

やり方は、合わせ目にデザインナイフを当ててカンナ掛け。

 

線が真っ直ぐ引けたら良いですが、線がよれてしまったら、ラインチゼルでモールドを修正。

 

これで合わせ目処理が完了。

 

この技法は合わせ目を消すより楽ですが、ケースバイケースで使い分けても良いでしょう。

 




 

ついでにゲート痕を処理します。

 

一般的なやり方ですが、金やすりで粗削りします。

 

表面の凹凸が大体無くなったら、今度はサンドペーパー400番で表面を研磨。

 

仕上げに800~1000番で傷を消して完了です。

 

ゲート痕の白化がある場合、塗装で消せるので問題ありません。

 

どうしても目に付くようなら、接着剤を付けて白化部分を矯正します。

 

これは接着剤を付けた部分を溶かし、白化で変質した組織を元の状態に戻します。

 

その他の整形作業として、パーティングラインの除去もあります。

 

これもデザインナイフでカンナ掛けか、サンドペーパーを押し当てて除去しましょう。

 

ということで、後はこれを繰り返して仕上げて行きます。

 

数は多いですが、やり方は至極簡単なので、是非ともお試しください。

 

この状態だと粗く見えますが、塗装すればわからなくなります。

 

その辺りは、過去の作例を見て頂くとして、ご参考になれば幸いです↓

ギャラリー

 

次回は、ガンプラでもお馴染みのオリジナルディテールの追加です。

 

といっても、追加ディテール自体は極力目立たせないよう、あくまで細部のディテールアップ程度に留めます。

 

次回は目のクリヤーパーツ化を行っていきます↓

HG マジンガーZ 改修2(目のクリヤーパーツ化)

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 


HG マジンガーZ(マジンガーZ INFINITY Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

 

 


オススメ記事


バンダイ HG 1/144 グレートマジンガー(マジンガーZ INFINITY Ver.)レビュー

グッドスマイルカンパニー MODEROID(モデロイド) マジンカイザー レビュー

MODEROID マジンカイザー完成(塗装改修済み)

 

 


関連商品



HG グレートマジンガー(マジンガーZ INFINITY Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HG 熱血最強ゴウザウラー ゴウザウラー 1/300スケール 色分け済みプラモデル


MODEROID 六神合体ゴッドマーズ ノンスケール PS&ABS製 組み立て式プラスチックモデル


MODEROID フルメタル・パニック! Invisible Victory サベージ クロスボウ 1/60スケール PS製 組み立て式プラスチックモデル


RIOBOT マジンカイザー ノンスケール PVC&ABS製塗装済み可動フィギュア


RIOBOT 真ゲッター1 ノンスケール ダイキャスト&ABS製 塗装済み 完成品 アクションフィギュア

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です