HGUC アッシマー完成(塗装改修済み)

 

遂に完成したHGUC アッシマー。

 

可変機の宿命として、変形させると塗膜が擦れて剥がれるので、入念にクリアランスを確保し、塗装の最中もそれらの微調整を行っていたので、予想以上に完成までの期間が長期化。

 

加えて、ガンプラとしては若干時間の経過したキットなので、改修箇所もやや多めでした。

 

その甲斐あって、我ながら上手く完成したと感じます。

 

それでは、完成品をお披露目とさせて頂きます。

 

製品の詳細な内容に関しては下記リンクからどうぞ↓

バンダイ HGUC アッシマー レビュー

 




 


NRX-044 アッシマー


「NRX-044 アッシマー」は地球連邦軍が運用する、宇宙世紀史上初の可変型MAである。

 

連邦軍はMS実用化当初から、コア・ブロックシステム等によるMSに簡易的な合体・変形機構を採用しており、この設計思想を時代に合わせて昇華させることで、さらに先鋭化した可変機構搭載の新機軸MSの開発計画を打ち出す。

 

これまでのMSはサブ・フライト・システム(SFS)への搭乗によって、飛行を可能にしていたが、本機は改めてSFSに依存せずに飛行させることを目標に開発されている。

 

正式採用された本機は、従来のMSとは比較にならない機動性と飛行能力を発揮。

 

MA形態での一撃離脱戦法のみならず、MS形態での格闘戦にも対応出来る高性能機として完成し、まさに連邦軍技術陣の大きな勝利の一つと言える。

 

可変機としては最初期の機体ながら、優れた操縦性や信頼性に加え、高性能機でありながら生産性も良好であったことから、少数の機体が量産化される等、当時の可変機としては最も完成度の高さを伺わせる傑作機である。

 

今回は「HGUC アッシマー」を徹底改修。

 

現行水準のアイテム程ではありませんが、各部プロポーションやディテールは良好。

 

今回は細部のディテールアップをメインに改修。

 

カラーリングはオーソドックスなものをチョイスし、関節部にはガンメタル系のメタリックカラーを使用。

 

頭部は塗膜の剥がれを意識し、接触面の回避を優先して改修。

 

後頭部はメタリックカラーを使用し、内部メカの硬質感を意識。

 

モノアイはwaveの「H・アイズ」に換装し、内部をくり抜いてボールジョイントによる可動を採用。

 

視線を変えることで、改修前よりも多彩な表情付けが可能となり、同時に視線追従効果でポージングにおける首の可動域の狭さをカバー出来ます。

 

頭部が大きいため、スペースにも比較的余裕があるので、改修出来れば推し進めて頂きたいところ。

 

マーキングは主に、ガンダムデカールの地球連邦用を使用。

 

肩はこれといった改修はせず、クリアランス確保や塗り分けを重点的に

 

関節部等はパーツが接触しやすいため、塗膜が剥げないよう改修。

 

シリンダー部分は、モールドを掘ってより立体感を強調し、シルバーガンメタルの二種類を使用してより細かく塗り分け。

 

腕部は可動との兼ね合いから、隙間を若干空けて塗膜の保護を優先。

 

ダクトはガンメタルで塗り分け。

 

マニピュレータはゲート痕や、合わせ目処理をメインに処理。

 

胴体はほぼ無改造ながら、プラ版の貼り付けやモールドの追加に加え、マーキングでディテールアップ。

 

バックパック部分は、特に接触が頻繁に発生する関係で、コーティングも強固に処理。

 

各部の塗り分けは、設定通りの彩色で再現。

 

胸部装甲は肉抜き穴の処理し、内部メカの接続ピンは切除して表面を整形。

 

内部メカはメタリックカラーにより、金属感を追及。

 

それ以外はこれといった改修はせず、細かく塗り分けて各部質感の差異を追及。

 

脚部は変形の要とも言える部分なため、クリアランス確保を特に意識して改修。

 

大腿部のダクトはガンメタルを塗り分け、プラ版の貼り付けでディテールアップ。

 

脚部は細部の塗り分けをメインに処理。

 

併せて、マーキングの貼り付け位置も細かく調整。

 

スラスター部分は意外に塗り分けが複雑で、ここはマスキングや筆塗りを駆使して塗装。

 

ビーム・ライフル装備。

 

ビーム・ライフルは大掛かりな改修はせず、オーソドックスな仕上げで処理。

 

主に整形や表面処理のみに留めています。

 

銃口部は赤で塗り分け。

 

付属のディスプレイスタンドは、ヒケの処理を重点的に行い、無難なマット彩色にて塗装。

 




 


MA形態


今回最も懸念したのは、変形時の全体像。

 

円盤状のリフティングボディが、全体に施したグラデーション塗装と馴染むように調整。

 

加えて、撮影時は変形による塗膜の剥がれを意識し、慎重に取り扱う場面も。

 

一応、中間形態も再現可能。

 

設定では、足を内側に折り曲げる逆関節のギミックも持ち合わせていますが、今回の作例では見送り。

 

 


素組みとの比較


改修は主に整形やスペースの調整が主で、他キットからの流用は全く無し。

 

但し、細部のディテールアップや塗装を徹底することで、外観の印象も変貌します。

 


【塗装レシピ】

下地… サーフェイサー1000(ホワイト)

赤色… MSサザビーレッド

黄色… キャラクターイエロー+ファントムグレー(微量)

緑色… 濃緑色

関節部… ガンメタル or シルバー 

コーティング…艶消しコート(UVカット)


 

ティターンズMS集結。

 

基本的な技法は変えず、並べた時の統一感を重視。

 

 


アクション


 

ということで、「HGUC アッシマー」でした。

 

可変MSという特性からか、完全変形という仕様程、塗装派泣かせのキットはありません。

 

重要なのは塗膜の保護ですので、余計な部分や接触面は削ってしまうことが、完成度を高める秘訣と言えます。

 

塗装もコーティングをいつもより入念に施し、塗面の保護を最優先に処理。

 

これは可変機全般に言えることなので、塗装時は意識して改修して行きたいと考えます。

 

現在は同時製作の「HGUC ガンダムMK-Ⅱ」の完成も間近なため、もうしばらく完成までお待ちください。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



HGUC 1/144 NRX-044 アッシマー (機動戦士Zガンダム)


 

 


オススメ記事


HGUC ガブスレイ完成(塗装改修済み)

HGUC バーザム完成(塗装改修済み)

HGUC バイアラン完成(塗装改修済み)

HGUC ガルバルディβ 完成(塗装改修済み)

HGUC ゴッグ完成(塗装改修済み)

HGFC ノーベルガンダム完成(塗装改修済み)

 

 


関連商品



HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 MSA-003 ネモ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-099 リックディアス (クワトロ・バジーナカラー) (機動戦士Zガンダム)


HGUC 機動戦士Zガンダム バイアラン 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RX-110 ガブスレイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC No.145 1/144 RX-139 ハンブラビ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 機動戦士Zガンダム バーザム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 ORX-005 ギャプラン (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-108 マラサイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)

 





2件のコメント

  1. 完成おめでとうございます!やっぱり一郎さんの作例凄いです。一瞬マスターグレードにも見えました。定期的に覗かせてもらっていますが、これからも作例楽しみにさせて頂きます。

    1. コットン様

      またまたコメントありがとうございます♪

      そのようなお言葉を頂けて光栄です。

      本当にアッシマーがMGで登場してくれれば嬉しいですが(笑)

      私のZガンダムシリーズに対する熱意は、自分でも並々ならぬものを持っていると自負しております。

      それだけに、作例も気合を入れて製作しており、今後もそのような気構えで邁進していく覚悟です!

      今後も参考になるような作例を続けて行きたい思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です