アルファマックス DarkAdvent Dragondress ソフィア レビュー

 

今回は、フィギュアメーカーであるアルファマックスより美少女プラキット「DarkAdvent(ダークアドヴェント)が始動。

 

今回は第一弾として登場した、「ドラゴンドレス ソフィア」を初回特典も含めてご紹介。

 

ブキヤ大先輩、アオシマ兄貴、グッスマの兄ちゃんといったつわもの揃いのメーカー達による、美少女プラキット戦国時代の群雄割拠において、独特のアプローチで製品化されました。

 

本来なら6月末に発売予定でしたが、メーカー事情により8月末に延期。

 

このメーカーいつも延期してんな(指摘)

 

それでは早速レビューへと参りましょう。

 

 

 


パッケージ


 

 


付属品一覧


総パーツ数は、FAGやメガミデバイスと比較しても多め。

 

概ね連続2~3時間程度で完成。

 

フェイスパーツはランナー状態でタンポ印刷済み。

 

初回生産分には、タンポ印刷無しのフェイスパーツ一式が付属。

 

表情のバリエーションが多くなるものの、キットにはデカールの類は一切付属しません。

 

自分で好みの表情を作れと言うのか・・・(困惑)

 

ハンドパーツ、胸当て、舌はPVC製。

 

 


Dragondress ソフィア


アルファマックス初のプラキットであるソフィアは、saitom先生がキャラクターデザインを担当。

 

原型は浅井真紀大先生が行い、「メガミデバイス」「チトセリウム」と同じく、マシニーカをその母体としており、言わば異母姉妹のような存在。

 

ちなみに、ドレスは漢字では「奴隷衣(どれいす)」と表記。

 

造形に関しては、流石は浅井造形と言わんばかりの見事な出来栄えで、メガミデバイスよりも肉感的な立体感が大きな魅力。

 

ファンタジックなコスチュームに身を包んでいますが、清楚な雰囲気のプラチナムと対照的に、流行りのソーシャルゲームを彷彿とさせる悪魔的な要素を纏ったDEEP♂DARK♂FANTASYなデザイン。

 

パーツ精度に関しては、メーカー初のプラキットということもあり、バンダイやコトブキヤには及ばないものの、それでもアオシマのV.F.G並みと健闘しており、ビギナーにもある程度配慮された設計。

 

スナップフィットな上に、カラーインジェクションキットなので、素組みでもある程度色分けされています。

 

 


頭部


金髪のショートヘアが特徴的な頭部。

 

フェイスパーツは、アイプリントをタンポ印刷で施され、saitom先生のデザインを忠実に再現。

 

複雑なパーツ構成の弊害か、合わせ目がかなり目立ちます。

 

 

可動に関しては、ショートヘアなので自由度はすこぶる良好。

 

首の可動もメガミデバイスに近く、上下にも大きく可動。

 

叫び顔

 

視線が左に寄っているので、少々癖のある表情。

 

取扱説明書には、特にフェイスパーツへの呼称等は無し。

 

ダメージ顔

 

多分、やられた時の表情だと思うんですけど(名推理)

 

 


肩部


肩の関節構造はメガミとほぼ同じ。

 

背中は特にマシニーカの特徴が色濃く反映されており、ぱっと見だとメガミと変わらない姿。

 

メガミと違い、腕は水平程度までしか上がりません。

 

肩は肩甲骨部分が独立可動し、高い可動域を誇ります。

 

 


腕部


腕部の構成もメガミやチトセリウムに酷似。

 

肘関節は90°以上は優に曲がり、必要十分な可動を保持。

 

手首は球体ジョイント。

 

 


胴体


他と比べて露出の多いコスチューム。

 

グラマラスなボディラインが魅惑的ながらも、アクション性は流石はマシニーカ。

 

腰の可動は胸部直下で回転可動。

 

前屈はマシニーカだけあり、背を丸める動作はお手の物。

 

関節が露出するのもメガミ同様で、赤くマークした部分はカチッとするまで押し込む必要があります。

 

反る、屈むといった動作はメガミ程ではないにしろ、かなりの柔軟性を発揮。

 

 


下半身


脚部は肉感的かつ魅惑的な脚線美が特徴。

 

構造それ自体はメガミと同様で、可動性能も勝るとも劣らない自由度。

 

股関節は軸関節可動で、開脚等は問題無く可能。

 

膝は180°可動し、非常に可動が広いのが特徴。

 

足首は接地性はそこそこ。

 

前後にも大きく可動。

 

つま先は独立可動し、立膝等も十分可能。

 

総合的な可動範囲は、非常に優秀。

 

 


メガミデバイスとの比較


姉妹キットである「メガミデバイス」と比較。

 

スレンダーボディのメガミに対し、ダークアドヴェントはより自然で人体に近い、グラマーボディが特徴的。

 

関節は同じマシニーカベースというだけあり、本体を構成するパーツはほぼ同じ構造。

 

特に背中は、微妙な形状の差異はあれど、ほぼ完全に一致。

 

無論、姉妹キットだけに互換性もあり、メガミデバイスのパーツもほぼ無改造で取り付け可能。

 

但し、肌の色合いが微妙に異なる部分も多いため、素組みでは上手い具合に成型色の合うものを選択する必要あり。

 

 

 


オプション


オプションは目玉である「ドラゴンガントレット」を始め、各部アーマーやディスプレイ等が豊富に付属。

 

ハンドパーツはPVC製で、全5種が付属。

ドラゴンガントレット

 

キットのセールスポイントであるドラゴンガントレットは、多重関節でフレキシブルに可動。

 

ブレード部分は前後に可動。

 

口部は大きく開閉可能。

 

舌パーツは引き出し機構を内蔵。

 

三叉矛

 

手持ち武器の一つである三叉矛。

 

取り扱いにやや癖があり、付属のハンドパーツでは保持しにくいのが欠点。

 

膝アーマーと組み合わせて、ボーガン形態に組み換え可能。

 


武装状態


従来の美少女プラキットでは見られなかった、禍々しいダークヒーロー然とした姿が新鮮。

 

防具の成型色も、良い感じに金属感を演出。

 

エッジもブキヤ製品に匹敵する殺傷力抜群の鋭さ。

 

素体状態から、一気に変わる力強いスパルタンな姿は秀逸。

 

この状態でも可動範囲は広く、素体状態とほぼ変わらないのも強み。

 

頭部から生えた角は、小さいながらも精密な造形。

 

お団子ヘアーから差し換えて再現。

 

胸当ては胸にピッタリとフィットし、ダボピン等は存在しません。

 

リボンまで別パーツ化される等、色分けもかなり細かく分割。

 

サイドアーマーはボールジョイントで可動。

 

足の動きを極力阻害しない工夫がなされています。

 

脚部は膝に直結した巨大なブレードが印象的。

 

ブレード部分は多重関節で自由自在に可動。

 

赤い刃は取り外し可能で、そのまま手持ち武器としても使用可能。

 

右腕を覆い尽くす巨大なガントレットにより、左右非対称という独特のフォルムを形成。

 

右に重心が傾きがちですが、それでも仁王立ちで自立可能。

 

ガントレットは背部のジョイントで接続され、高い保持力と可動を両立。

 

これにより、多彩なポージングが可能。

 

足首は丸ごと差し替え。

 

素体状態以上に可動範囲が広く、つま先が独立可動。

 

ソフィア自体は安定性や自立性は悪くないものの、やはりモーメントが不安定なので、ポージング時はディスプレイスタンドを使用した方が無難。

 

 


アドヴェントモード


ゾーク・ネクロファデス

 

歩く18禁は問答無用に大草原不可避。

 

ちなみに、ただガントレットにまたがっているだけなので、卑猥なこと想像したユーザー諸氏は†悔い改めて†

 

また、飛行状態でディスプレイ可能。

 

頭おかしいよこの人・・・(畏怖)

 

 


アクション


ということで、「DarkAdvent Dragondress ソフィア」でした。

 

アルファマックス初のプラキットということもあり、最初は「お覚悟を。」状態で臨んだのですが、思いの外組み立てしやすい製品です。

 

とは言え、ガンプラオンリーの初心者には若干不向きで、どちらかと言えば中級者向けの製品仕様といった印象。

 

造形に関しては文句の付けようがなく、可動に関してもマシニーカベースにより、メガミデバイスに次ぐアクション性も両立し、関節の保持力も十分優秀。

 

また、ドラゴンガントレットを始めとした、豊富なギミックにより、ブンドドの面でも秀逸。

 

パーツ精度は総合的に見れば、初弾の製品の割には良好で、少なくともチトセリウムよりは組み立てはスムーズに進みます。

 

もしも、はめ込みにくい部分があれば、ダボピンを斜めにカットすればスムーズに入ります。

 

ただ、初回限定でタンポ印刷無しのフェイスパーツ一式が付属しても、瞳等の水転写デカールが付属していないのが欠点。

 

といっても、後々別売でデカールのみが発売されるパターンも十分予測出来るため、今のところは様子見といった状態。

 

後はハイキューパーツの瞳デカールでお好きにカスタマイズしてもよろしいかと。

 

総合的に見れば、ブキヤ製美少女プラキットにも引けを取らないスペックは備え、今までに無かったファンタジックな雰囲気が一線を画すのが特徴。

 

ちなみに、スカイチューブとは製品を共同で発売しており、こちらは「ドラゴンスペシャルパーツ(意味深)」を始めとした、かん…いかん! 危ない危ない危ない…専用セットが付属した「DX Ver.」が同時発売。

 

未成年は買ってはいけない(戒め)

 

ちなみに、既にソフィアに続き、「クラーケンドレス ラーニア」の製品化も進行中とのこと。

 

第2弾の展開早いっすね……。

 

気になったら浅井兄貴のTwitterを見とけよ見とけよ~!

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。


 


オススメ記事


ボークス ブロッカーズ FIORE アイリス レビュー

グッドスマイルカンパニー チトセリウム プラチナム(プロトタイプ) レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 兼志谷 シタラ Ver.カルバチョート(特典付き) レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 弓兵 レビュー

コトブキヤ メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー(特典付き) レビュー

コトブキヤ メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー レビュー

 


12件のコメント

  1. レビューオッツオッツ!

    これがDragon♂tanaka♂dressソフィアーですか

    おおぉ、おおぉぉぉもっと速く発売してくれオルルァ!

    銀の龍に乗られたら完全に一致

    顔も良いし、体も良い
    第2段のイカ子もああ^~たまらねぇぜ

    1. MIR兄貴

      コメントありがとナス!

      ソフィアの正体はDragon tanakaだった・・・!?(ドラゴン田中 女の子説)

      銀の龍=ジャイアントウナギ(意味深)

      今回のソフィアはいい体してんねぇ!(ノンケ並感)

      第二弾のクラーケンドレスもいいぞ~これ!

  2. いいレビューだぜぇ?

    ダーク♂アドヴェントは草。

    邪神ゾークネタはもう許せるぞオイ!
    早速DX版を買って、お前を芸術品に仕立てや・・・仕立てあげてやんだよ!

    1. まりあな兄貴

      コメントアリシャス!

      ノンケ兄貴も納得の完成度なんだよなぁ、なんか芸術的!

      公式が大邪神をオマージュしてて、もう顔中草まみれや。

      お、うちのサイト経由で買ってくれたんですねぇクォレハ・・・

      やめろォ(建前)、ナイスぅ(本音)

      じゃあ俺ギャラ(アフィリ報酬)もらって帰るから(ログアウト)

  3. 連日のレビューお疲れ様です。

    この間拝見させて頂いたスティレットのレビューで、初めてフレームアームズ・ガールを買いました。
    組み上げた感想としては、ガンプラと同じ感覚で組み立てられましたし、何より可愛い!

    バンダイさんには悪いですが、コトブキヤさんの美少女プラキットの魅力にハマりそうです。

    今回のソフィアちゃんも何だか欲しくなっちゃいましたね(笑)
    でも財布に余裕が……(泣)

    1. コットン様

      コメントありがとうございます♪

      ブキヤ製品のパーツ精度も、最近はバンダイに次ぐくらいのポジションなので、それ程組み立ては難しくないと思います。

      何よりキャラクターの造形においては、元々フィギュアメーカーなだけあって抜群なんですよね。

      ソフィアも造形は良いですが、組み立て時に少し加工が必要となるので、そこだけ注意してください。

      金銭面で余裕がないのは、多分皆一緒です(汗)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です