マックスファクトリー 神撃のバハムート ケルベロス レビュー


 

今回のコレクションは、ソシャゲブームの火付け役にして、一世を風靡した『神撃のババムート』から、ケルベロスをご紹介。

 

今ではスマホアプリでゲームはしなくなったのですが、7年前はソシャゲバブル真っただ中で、筆者も課金は多少はね?

 

それでは早速レビューへと参りましょう。

 

 


ケルベロス


ということで、「ケルベロス」です。

 

キャラデザは虫麻呂兄貴で、シリーズでも屈指の人気キャラクターの一人。

 

本家『バハムート』だけでなく、『グラブル』『Shadowverse』にもゲスト参戦している等、原作を知らなくても高い知名度を誇るのが特徴。

 

今回は、いつも通りコレクション披露なんだよなぁ・・・

 

今まで保有・収集してきたスタチューの中では、五本の指に入る自慢のコレクションの一つ。

 

リリースから既に7年経過しているにも関わらず、未だに造形・塗装共に高水準で仕上げられた芸術品。

 

無邪気な表情や魅惑的な肢体、紫の衣装に施された金の装飾やグラデーション等、まさにイラストそのままに立体化。

 

ソシャゲのイラストをほぼ完璧に再現するとか、こいつらすげぇ変態だぜぇ?

 

ちなみに、元となったイラストと比較すると・・・

 

 

匠の技(確信)

 

 


頭部


フェイスは虫麻呂兄貴のセクシー、エロい!表情を完全再現。

 

アイプリントも精密に施され、グロス加工によって目全体に潤いを持たせているのも特徴。

 

歯の彩色も丁寧だし、文句の付け所さんが無いゾ。

 

耳の毛質感もあ^〜たまらねぇぜ。

 

後頭部は、うなじへのこだわりが半端ではなく、これまた緻密な造形。

 

なんだこれは・・・たまげたなぁ。

 

ツインテールは流れるような躍動感溢れる造形で再現。

 

同時に繊細さも併せ持ち、横に広がる形状なので、1/7スケールでもかなり大型の部類。

 

ツインテールはクリヤーパーツが使用され、毛先はクリヤーバイオレットで塗装。

 

虫麻呂兄貴特有のエキセントリックな色使いを、立体物でも再現するとか粋スギィ!

 

 


肩部


大胆に露出した肩周りは、鎖骨や肩甲骨等も生々しく表現。

 

首のチョーカーも精密に塗り分けされているのもセールスポイント。

 

 


腕部


ココ&ミミ

 

犬だよ。

 

おうワンワン鳴いてみろ。

 

ちなみに、モデルは虫麻呂兄貴の愛猫で、コ↑コ↓ココは「気弱な男の子」ミミは「強気な女の子」という設定。

 

なぜ犬なんだ・・・(困惑)

 

設定上は着脱式ながら、残念ながらフィギュアでは再現されておらず。

 

頭上に浮遊する輪はクリヤーパーツで再現。

 

ガントレットの造形も極めて精緻で、塗装もメタリックカラーで抜かり無く再現。

 

エングレービングの塗装や、タンポ印刷の精度も秀逸。

 

 


胴体


あの複雑極まりないビキニアーマーは、細部まで凄まじい情報量で造形化。

 

何お前、犬のくせにお前服着てんだよ(イチャモン)

 

メタリック塗装も、ゴージャスかつ神秘的な雰囲気を演出するのに一役買っててあ^〜いいっすねぇ〜

 

グラマーボディの定義は広いものの、私的見解ながらこのくらいが最適。

 

はっきりわかんだね(偏見)

 

このフィギュアの見所さん!?の一つである、ビキニアーマーの装飾。

 

圧倒的なディテールの細かさもさることながら、造形も細部まで緻密に再現。

 

見とけよ見とけよ~

 

塗装に関しても、シャンパンゴールドとメタリックレッドを基調とし、メタリックレッドはワインレッドに近い色合いで妖艶な雰囲気を演出。

 

精度も高く、ほぼ全身に渡ってはみ出し等は一切無い徹底ぶりで、マックスファクトリーのフィギュア製作技術の高さを伺える部分。

 

シェイプアップされた腹筋もリアルな立体表現で、くびれから足元にかけてのラインがすごくいやらしいスタイルだよ。

 

この質感すごいよぉ!(GMGNGNM)

 

おお、無礼なケツだぁ・・・

 

オフッ! 

 

何だこのケツ!?

 

何だこのケツは!?(驚愕)

 

背中から生えてますが、マントなのか尻尾なのか、これもうわかんねぇな。

 

マント(?)シャドー塗装だけでなく、裏側のグラデーションも鮮やかに仕上げられ、粗さ等も見受けられず。

 

 


下半身


グラマラスかつスマートな脚線美が魅力の下半身。

 

肌は成型色により、健康的な色香を発揮。

 

大腿部は肉感的な造形で再現。

 

ニーハイはメタリック塗装、ブーツはグロス塗装と、質感の差異にこだわったもの。

 

ブーツはつま先のレリーフまで、メタリック塗装で丁寧に彩色。

 

ディスプレイスタンドはロゴが刻まれたデザイン。

 

それ以外は特に何ら変哲もない台座で、取り外しは不可能。

 

サイズは1/7スケールということで、全高23.5cmと大ボリューム。

 

単純な大きさ比較では、並みのMGすら上回り、ツインテールで横幅もあるため一層巨大に感じます。

 

 


色んな角度から


ということで「マックスファクトリー ケルベロス」でした。

 

率直に申すと・・・

 

やりますねぇ!(賛美)

 

ソシャゲブームの象徴的存在だったケルベロスですが、フィギュアとして立体化されたこの製品は、現在の視点で見ても圧倒的な完成度を誇る傑作。

 

ボディラインの柔らかな造形、甲冑部分の硬質感溢れる質感表現は見事。

 

特に部位やコスチュームごとにメタリック塗装、グロス塗装、グラデーション塗装を使い分ける等、メリハリある質感を追及していることに職人技を感じさせていいゾ~コレ!

 

塗装精度も極めて優秀で、各部ディテールの情報量と相まって、非常に見所が多いのが特徴。

 

サイズもボリューム感ある1/7スケールということもあり、高さは並みのMGを凌ぎ、ツインテールが横に広がる分、尚更実寸以上に大きく感じます。

 

虫麻呂兄貴特有の妖しげな魅力と、エキゾチックかつ色香を漂わせるも完全に立体物として落とし込み、一種の美術品のような魔力を秘めているのも特徴の一つ。

 

もう再販すらされていないので、かなり希少なフィギュアの一体と言えます。

 

禁欲生活が困難な兄貴にとっては、「アッーイグッ!イグッ!イグッ!」という具合にいい性処理アイテムになるかもしれない。

 

しかしながら、学校や職場で公然と行為を行うと、上司や教師からは「何訳分かんない事を・・・エロフィギュア持ち込んで? ね? で昼間からオ〇ニーですか! で忘れ物?バカにしてんのか?」って怒られちゃ^~う↑

 

それにしても、今週発送される創彩少女庭園がすっげぇ楽しみだゾ〜

テストサンプルレビュー&ご予約開始 創彩少女庭園【結城まどか】

 

製品サンプルも、デコマスからの劣化も無くいいゾ〜コレ!

 

コトブキヤ 創彩少女庭園 入荷案内&発売日決定

 

もう待ちきれないよ!

 

早く出してくれ!

 

それでは皆さん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 

 

お売りください。駿河屋です。

 


オススメ記事


コトブキヤ ファンタシースターオンライン2 マトイ Nidy-2D-Ver. レビュー

 


4件のコメント

  1. 良い体してるね~何かスポーツでもやってたの?

    810臭そう
    でもこんなに美しいのに犬臭いと思うとあぁ^~たまらねぇぜ!

    ヨツンヴァインだったら+1145141919点

    1. MIR兄貴

      コメントありがとナス!

      >良い体してるね~何かスポーツでもやってたの?

      犬の散歩ォ・・・(大嘘)

      >810臭そう
      でもこんなに美しいのに犬臭いと思うとあぁ^~たまらねぇぜ!

      女の子なのに獣臭がするとか、これもう(私生活)わかんねぇな。

      >ヨツンヴァインだったら+1145141919点

      はっきりわかんだね(確信)

  2. 投稿お疲れナス!なんだこのエロボディは…たまげたなぁ…くっそ綺麗な造形誇らしくないの?俺の主砲しゃぶるんだよ!この本に出てくる雌豚みたいによぉ!(豹変)

    1. ノンケ兄貴

      コメントありがとナス!

      >なんだこのエロボディは…たまげたなぁ…くっそ綺麗な造形誇らしくないの?

      この造形美。

      これって、勲章ですよぉ・・・

      >俺の主砲しゃぶるんだよ!この本に出てくる雌豚みたいによぉ!(豹変)

      主砲(意味深)

      レビューしてるのは犬ゥ!なんだよなぁ・・・

      でもケモナー要素無くしたら、ただの猿ゥ!になっちゃ~う↑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です