バンダイ スーパーミニプラ プライヤーズ レビュー【後編】

 

前回は「スーパーミニプラ プライヤーズ」にて、三機の基本的なスペックについてお伝え致しました。

 

今回は製品最大の魅力であるディメンジョンプライヤーをご紹介。

 

良好なアクション性を保持しながら、合体状態で十分楽しめる製品内容となっておりますので、時間の許すまでご覧になって行ってください。

 




 

分離状態における製品の詳細は、下記リンクよりお願い致します↓

バンダイ スーパーミニプラ プライヤーズ レビュー【前編】

 

 


ディメンジョンプライヤー


プライヤーズの空間修復形態である「ディメンジョンプライヤー」

 

あらゆる角度から見ても、破綻無くまとまったフォルムと変形を高レベルで両立。

 

余剰パーツも殆ど出ず、合体もシンプルなため、気軽に分離・合体が行えるのは嬉しいところ。

 

ディメンジョンプライヤー形態では、プライヤーの可動基部となった長男。

 

ペンチも兼ねた両足は、隙間なくキッチリと閉じることが可能。

 

両腕は伸縮ギミック内蔵で、ロック機構により保持力も抜群。

 

プライヤー形態では取っ手部分と化した次男三男

 

単純な変形ながらも、しっかりと様になっているのは面白い印象。

 

刃先は実際のペンチ同様に開閉可能で、取っ手部分を広げると連動して開く仕組み。

 

逆に、取っ手を閉めれば閉じることも可能。

 

ガオガイガーの両腕にコネクトさせる時は、手首のボールジョイントを介して接続する方式。

 

ディメンジョンプライヤー時は、専用の補助スタンドに乗せてディスプレイ。

 

ガオガイガー本体に対し、ディメンジョンプライヤーがあまりにも巨大なので、前に突き出した状態だと保持は極めて困難。

 

出来たとしても、モーメントの関係で前に傾倒します。

 

ちなみに余談ですが、ジョイントの規格が合えば、他のシリーズに転用可能とプレイバリューの面でも充実。

今回は、手首ジョイントとして「メガミデバイス  朱羅 忍者」ツインテール用ジョイント(ダブルボールジョイント)を介して接続。

 

保持は不可能とは言え、それなりに様になっているのは意外。

 

無論、FAGの派生ブランドである「クロスフレーム・ガール ガオガイガー」に持たせることも可能。

 

次に直列形態へ。

 

 




 


ディメンジョンプライヤー(直列形態)


 

直列形態は、主にプライヤーズ単体が湾曲空間に突入・離脱する時の形態。

 

こちらはモンキーレンチに近い形状。

 

この形態では、両腕・両足とも閉じきった状態となり、足の付け根以外は可動しない構造。

 

単なる組み換えですが、ちゃんと長男 → 次男 → 三男の順番で合体。

 

直列形態でディスプレイする時は、補助スタンドに立て掛けます。

 

スタンドで保持させる場合は、次男の足に引っ掛けます。

 

あまり保持力は高いとは言えないので、飾る時も注意が必要。

 

長男の拳パーツは、スタンド側にセットすることで、紛失しないように配慮されています。

 

ガオガイガーと並べて。

 

小サイズに見えて、意外にも大きめなプライヤーズ。

 

サイズ的には炎竜・氷竜と同じボリューム。

 

逆に直列形態では、ガオガイガーの全高を大きく超えるロングサイズ。

 

劇中では登場しませんでしたが、直列形態でも腕に装着可能。

 

しかしながら、手首に掛かる負担も大きいので非推奨。

 

そして今回の目玉として、ゴルディオンハンマーを持たせます。

 

まずは、刃先の接続ピンを起こします。

 

ハンマーの柄にピンを接続して完成。

 

かなり不安定な状態なので、しっかりとバランスを取らせて保持したいところ。

 

それは、取扱説明書にも明記されています。

 

取扱説明書にこんな注意書きまで記載するなんて、粋スギィ!

 

リアルに破損のリスクが伴う場合もありますが、その時はプライヤーズよりガオガイガーの手首関節がこわれちゃ^~↑う

 

ハンマーを持たせる場合は、見とけよ見とけよ~

 




 


アクション


「出動、プライヤーズ!」

 

「お前達は、雷牙おじさんが送ってくれたプライヤーズだな!」

 

「ディメンジョンプライヤー!」

 

「ツールコネクト!!」

 

「うおおおおおおおお!!!」

 

ということで、「スーパーミニプラ プライヤーズ」でした。

 

練り込まれた可動や可変機構により、ロボット形態ディメンジョンプライヤー形態の両面で、プロポーションが崩れることなく再現されているのは見事な出来。

 

色分けに関しても、パーツ分割や塗装で予め対処されているため、ほぼイメージ通りの仕上がり。

 

実質的にはガオガイガーの拡張パーツとしての側面が強く、製品単体では如何せん魅力不足なのが欠点。

 

加えて、このセットだけでメーカー販売価格4,320円(税込み)と、若干の割高感を痛感するのは否めないのが正直なところ。

 

と言っても、製品の完成度自体は優秀で、プレイバリューも高いので損をしたという気分は感じないと思います(個人差はあります)

 

何より、手頃なサイズでフルアクションという独自性を打ち出した、スーパーミニプラらしい製品仕様なのは大いに歓迎したいところ。

 

とりあえず、原作再現ニキは大量に購入して、最終回のカーペンターズ気分でも味わって、どうぞ。

 

結局大事なのはコスパではない。

 

ロマンだと言うこと。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 


オススメ記事


コトブキヤ クロスフレーム・ガール ガオガイガー(特典付き) レビュー

バンダイ スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー SPパックセット レビュー

スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー3 超竜神レビュー

バンダイ スーパーミニプラ 撃龍神 レビュー

スーパーミニプラ キングジェイダーレビュー

スーパーミニプラ キングジェイダー完成(塗装改修済み)

 

 


関連商品



スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 4個入 食玩・ガム(勇者王ガオガイガー)


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 金色の勇者王


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー2 フルコンプ 3個入 食玩・ガム(勇者王ガオガイガー)


スーパーミニプラ キングジェイダー


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー3 超竜神 2個入り 食玩・ガム (勇者王ガオガイガー)


スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー 撃龍神

 




 


2件のコメント

  1. 3回だよ3回…3人で三角形になって…3人はどうゆう集まりなんだっけ…3とは何か深~い意味があるのでしょうかねぇ?w

    轟雷と6月がこれもうわかんねぇな

    1. MIR様

      毎度コメントアリシャス!

      3ばっかじゃねーかよこのコメ欄!

      とりあえず、3セットだよ3セット(多々買い)

      >轟雷と6月がこれもうわかんねぇな
      6月に姉妹機の「クロスフレーム ガオガイガー」がリリースされるからでしょ(適当)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です