コトブキヤ 92式 メーサービーム戦車 改修&塗装

■スーパーX2 塗装&スミ入れ

 




 

さて、前回レビューさせて頂いた「コトブキヤ スーパーX2&92式 メーサービーム戦車」ですが、今回からは塗装を意識した改修を施して行きます。

 

前回まではスーパーX2の改修でしたが、今回からメーサービーム戦車も同時に改修します。

 

特撮作品のメカニックということで、映画のプロップのような質感を追及していく予定です。

 

製品仕様に関しては、下記リンクからよろしくお願いいたします↓

コトブキヤ スーパーX2&92式 メーサービーム戦車 レビュー

 

メーサービーム戦車は、スーパーX2よりも細かな設定配色なため、そのための塗装処理を施して行きます。

 

と言いながら、ほぼ濃緑色なため、スーパーX2同様にゲート痕を丁寧に処理。

 

コトブキヤ スーパーX2 改修1

コトブキヤ スーパーX2 改修2

合わせ目も殆どないので、一部をモールド化して情報量を増やしています。

 

ゲート痕を処理する時に注意したいのが、表面のモールドを削り落とすことが無いよう、慎重に作業する必要があります。

 

その中でも、タイヤのゲート痕やパーティングラインは、キットの中では最も厄介な位置。

 

まずはパーティングラインの処理ですが、タイヤを回転させながらカンナ掛けするとスムーズに切除可能。

 

ゲート痕は一つのタイヤパーツに3箇所あり、合計で24箇所にも及ぶので、根気強く処理しましょう。

 




 

整形処理が完了したら塗装作業へ移行します。

 

まずは分解し、色別に分けます。

 

この時、スーパーX2同様にクリヤーパーツは必ず外しておきます。

 

メーサービーム戦車のクリヤーパーツは塗装を行うため、こちらも事前にゲート痕は入念に処理。

 

砲身の一部はマスキングし、シルバーを塗装して再現。

 

テープがしっかり密着していないと、隙間へ塗料が入り込み、余計な部分まで色が乗ってしまうこともあります。

 

ですので、テープは隙間無くしっかりと貼ってください。

 

タイヤはブラックではなく、ジャーマングレーで塗装。

 

ここからシャドーを追加したり、ウェザリングを施すので、暗すぎてもいけません。

 

クリヤーパーツは、それぞれエアブラシで塗装。

 

砲身内部はクリヤーオレンジ、回転灯等はクリヤーレッドでそれぞれ塗り分け。

 

ここまでの塗装作業で、設定配色は大方再現出来ました。

後はさらに細部の塗装を突き詰め、スミ入れやシャドー塗装を施して完成です。

 

次回ではシャドー塗装とグラデーション塗装を交え、よりリアルな質感を目指して行きたいと思います↓

 

コトブキヤ スーパーX2 改修3

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 


コトブキヤ ゴジラvsビオランテ スーパーXII 1/144スケール プラモデル

 

 

・関連商品


コトブキヤ ゴジラvsビオランテ 92式メーサービーム戦車 1/144スケール プラモデル

 


青島文化教材社 ゴジラ×メカゴジラ MFS-3 3式機龍 全高約24cm 色分け済みプラモデル GO-01

 


フジミ模型 チビマルゴジラシリーズ No.5 メカゴジラ(3式機龍 重武装型) ノンスケール 色分け済み プラモデル チビゴジラ5

 


フジミ模型 チビマル ゴジラシリーズ No.3 三式機龍 ノンスケール 色分け済み プラモデル

 


フジミ模型 チビマルゴジラシリーズSPOT No.3 チビマル ゴジラ VS 三式機龍 対決セット ノンスケール 色分け済み プラモデル チビゴジラSPOT3

 


フジミ 170435 ちびゴジラSP2 チビマル ゴジラVS陸上自衛隊 10式戦車 対決セット

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です