スーパーミニプラ 新作はゲッターロボ

■スーパーミニプラ 真(チェンジ!!)ゲッターロボ Voi.1 明日より予約開始。

 




 

人気シリーズ「スーパーミニプラ」に新たにゲッターロボがラインナップに加わることが今日判明致しました。

今回立体化される運びとなったゲッターロボは、OVA「真(チェンジ!!)ゲッターロボ」版で造形されるということです。

 

ゲッター1は、旧アニメ版のスマートな体躯とは異なり、OVA版らしい骨太で力強いプロポーションを形成。

 

特徴的な頭部や各部ディテールも精密に造形化されているようです。

 

ゲッター1の製品内容は、主に本体とマント状のゲッターウイング、及び平手がアソート予定。

マントは可動式で、翻った表現を可能としている等、ダイナミックなアクションポーズを可能。

 

ゲッターウイングはOVA版で印象的だったので、躍動感を表現するのに大いに役立つことでしょう。

 

次にゲッター2。

 

昭和期のロボットとしては珍しい、人間的で華奢なプロポーションを忠実に再現。

 

ゲッター2にはゲッタートマホーク、マシンガンの他、エフェクトパーツや差し替え式のスラスターユニットが付属。

 

ゲッター1の武装の大半はゲッター2にアソートされているので、完全武装のゲッター1を再現するにはゲッター2は必須ということです。

 

可動面でも、従来のスーパーミニプラシリーズ同様に広範囲の可動を実現。

 

スーパーミニプラの名に恥じない造形と可動を両立。

 

ドリルを構える姿も勇ましく、イメージは劇中のゲッター2そのもの。

 




 

 

最後にゲッター3。

 

主に本体と伸長された腕部ユニットとシンプルな構成。

 

こちらはゲッター3のみのセット内容ですので、ゲッター1や2を同時に揃える必要はないのが魅力かもしれません。

 

といっても、ゲッター3自体影が薄いので、あえてこれだけをコレクションするということも無いとは思いますが。

 

他の二機に比べ、デザイン上あまり動かないと思いましたが、脚部の可動などは「MG ガンタンク」のようにキャタピラの独立可動出来る構造。

 

伸びた腕と相まって、大胆なアクションポーズを可能としているようです。

 

そして、肝心なのはVol.1ということで、今後のラインナップにも期待が集まるというもの。

 

お次はゲッターロボGでしょうか?

 

それとも真打の真ゲッターかな?

 

ともかくみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 


スーパーミニプラ 真 (チェンジ!!) ゲッターロボ Vol.1 (3個入り) 食玩・ガム (真 チェンジ!! ゲッターロボ 世界最後の日)

・関連記事

アオシマ 「3式機龍」 明日予約開始

スーパーミニプラシリーズ 一覧

グッドスマイルカンパニー MODEROID(モデロイド) マジンカイザー レビュー

バンダイ  スーパーミニプラ ライブロボレビュー

スーパーミニプラ キングブラキオン レビュー

スーパーミニプラ キングジェイダーレビュー

バンダイ HG ジプシー・アベンジャー DXセットレビュー

 

 

・関連商品


MODEROID マジンカイザー ノンスケール PS&ABS製 組み立て式プラスチックモデル


MODEROID 六神合体ゴッドマーズ ノンスケール PS&ABS製 組み立て式プラスチックモデル


MODEROID フルメタル・パニック! Invisible Victory サベージ クロスボウ 1/60スケール PS製 組み立て式プラスチックモデル


RIOBOT マジンカイザー ノンスケール PVC&ABS製塗装済み可動フィギュア


RIOBOT 真ゲッター1 ノンスケール ダイキャスト&ABS製 塗装済み 完成品 アクションフィギュア

 




 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です