フレイムトイズ 「トランスフォーマー 」プラキットが発売決定

■フレイムトイズ「トランスフォーマー オプティマスプライム」発売決定

 




 

「鉄機巧」はフィギュアメーカー「WING」所属の、「変態可動」で有名な設計チーム「ケミカルアタック」の新ブランド名。

 

またフレイムトイズ取締役は「ケミカルアタック」の坂本洋一氏とのこと。

 

海外向け日本ホビーメーカー「フレイムトイズ」より「トランスフォーマー オプティマスプライム」のプラキットが発売決定。

 

Flame Toys Transformers 01 Optimus Prime Model Kit, Red
価格$36.00ドル(約4000円)
2018年10月発売予定
メーカー フレイムトイズ

千値練のRIOBOTシリーズでお馴染みのケミカルアタックが新たに立ち上げた新ブランド。

 

既に試作品が多数展示されている中で、トランスフォーマーからオプティマス・プライムことコンボイ司令官が発売決定となりました。

 

原作のイメージを踏襲しつつも、メリハリの利いたアレンジとなっています。

 

海外向けということで、販売形態が特殊なのですが、日本では輸入ホビーショップかAmazon.com(アマゾンアメリカ)より購入可能とのこと。

 

Amazon.comは日本のAmazonアカウントで購入可能になりました。

 

発送の早さで料金は異なりますが、一番発送が遅い約3週間~は「送料1,000円+手数料」くらいで購入可能です。

 

この辺に関しましては、後々情報が入って来ると思いますので、今は待機状態ですね。

トランスフォーマーですが、非変形モデルということで、プロポーションに関しては文句なしです。

 

大胆にアレンジが利いたデザインでありつつも、高い可動性能を両立していると思わしき本シリーズ。

 

色分けも良好なようで、現行のプラキットと同じ構成なのか気になるところではあります。

 

精度の面でも期待したいところです。

頭部は精悍な雰囲気で、ケミカルアタックらしいデザインです。

 

胸部にはクリヤーパーツが使われ、ディテールや質感のこだわり具合もケミカルアタックらしさが伺えます。

 

肩のサイバトロンマークはシールかデカールでしょうか?

 

その辺りも要注目ですね。

 




 

 

武装もライフルを始めとした各種武装が付属。

 

原作に沿ったデザインながらも、ディテールはかなり精密。

 

可動範囲も申し分無く、大胆なアクションポーズも難なく再現可能。

 

リボルテックのような力の入ったポーズ、躍動感溢れるポージング等幅広いアクションが可能なのも大きな魅力ですね。

 

千値練の「RIOBOT」やバンダイの「METAL BUILD」で一世を風靡したケミカルアタックだけに、今後の動向が気になります。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 

・関連記事

アオシマ 「3式機龍」 明日予約開始

スーパーミニプラ 新作はゲッターロボ

バンダイ  スーパーミニプラ ライブロボレビュー

スーパーミニプラ キングブラキオン レビュー

スーパーミニプラ キングジェイダーレビュー

バンダイ HG ジプシー・アベンジャー DXセットレビュー

バンダイ HG オブシディアン・フューリー レビュー

 




 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です