コトブキヤ フレームアームズ・ガール  グライフェン(特典付き) レビュー

 

「フレームアームズ・ガール(FAG)」最新作は、木下ともたけ先生デザインによる グライフェンが登場。

 

今回は従来のような装甲着脱から一線を画す、パワードスーツスタイルで立体化。

 

質実剛健を体現した武骨なパワードスーツは、さらに可変機構まで備えており、非常に遊び甲斐があるのも特徴。

 

それでは、早速レビューへと参りましょう。

 




 


パッケージ


今回もしっかりコトブキヤショップで購入(値札証明)。

 

以前にユーザー様のご質問をお受けしたので、今回は未開封状態も掲載。

 

ボーナスパーツも通常のビニールに梱包され、会計時に手渡されます。

 

オンラインの場合は同梱。

 

 


付属品一覧


パーツ数量は一般的なFAGよりも多く、ちょっとした数の暴力で一躍有名となったフレズヴェルクと同等の物量。

 

連続2~3時間で完成します。

 

しかしながら、ランナー配置は親切設計なので、組み立てで困ること自体は少ないでしょう。

 

肌色パーツは、予め艶消し処理という、以前にも採用されたこともある手間の掛かった仕様。

 

フェイスパーツは、デフォルトでも恐るべき仕上がり。

 

相変わらず、コトブキヤのフェイスパーツにかけるコストは、他社の遥か上を行くことを思い知らされる光景。

 

首パーツも丁寧に彩色済み。

 

今回のボーナスパーツは、水色仕様のヘアーパーツとタンポ印刷無しのフェイスパーツ3種。

 

 


グライフェン


 

今まではメカ少女然としたキャラクター達と異なり、水兵を彷彿とさせるデザイン。

 

基本的なフォーマットは共通で、パーツ構成もほとんど変化なし。

 

インナーのデザインや関節構造は、フレズヴェルクに通ずるものがありますが、スク水からセーラー服に変化しているだけでも新鮮な印象。

 

可動範囲も従来と変わらず、比較的柔軟な可動が可能。

 

 

 


頭部


木下氏独特のフェイスデザインを忠実に再現。

 

ベレー帽とロングヘアーがチャームポイントの頭部。

 

アイプリントの精度や質感も上々で、頬のチークも。処理済み。

 

彩色見本と製品では、かなりイメージが異なる印象。

 

他のシリーズと並べても、それ程違和感の無い造形にアレンジされているのが好印象。

 

サンプルは単に写りが悪かっただけかもしれません。

 

 

ヘッドフォン(?)等のメカディテールも精密で、色分けもコトブキヤならではの細かさ。

 

髪留めはクリヤーグリーン成型で、非常に美しく成型されています。

 

左右の髪は軸関節により、回転可動が可能。

 

さらに、後頭部付近の髪の毛は広範囲に可動。

 

ベレー帽は取り外し可能で、接続はボールジョイント。

 

ベレー帽を被せない場合は、頭頂部のジョイントを上下逆転させることで、不自然な関節の露出を避ける仕様。

 

ベレー帽は取り外した状態。

 

前髪は二種類付属し、細部のデザインが異なるものが同梱。

 

画像はワンパーツ成型されたタイプ。

 

この辺りはお好みで取り付けてよろしいでしょう。

 

首はダブルボールジョイント接続で、首を左右に振る分には問題なし。

首関節の可動域は広く、前後にスイングするので自由度は高め。

 

首を傾げたりするのもお手の物。

 

右寄り目線。

 

笑顔(左目線)

 

笑顔は溌剌した可愛らしい表情。

 

おまけに口は別パーツ、さらには塗装済みという手の凝りよう。

 

今回のフェイスパーツの中では、最も出来が突出しています。

 

 


肩部


肩はボールジョイント接続。

 

ジョイントは従来と異なり、取り外し可能なので、手入れなども容易。

 

腕は水平までは上がり、可動範囲は合格レベル。

 

それ以外は特筆すべきものはなく、自由度はこれまでのFAGと大差なし。

 

 


腕部


腕は袖が広がった、ややポップ調なデザイン。

 

腕はこれまでのFAGと同様の構造で、90°以上は可動し、可動範囲は良好。

 

手首はグローブ状で、他のFAGより大きめでガッシリした造形。

 

 

手首パーツは四種付属し、平手(二種)、握り拳、武器握り手が付属。

 

 


胴体


セーラー服とスク水の組み合わせという、特定の層(意味深)には、大いに受けるであろう欲張りなデザイン。

 

細部のディテールも精密で、ネクタイは別パーツで再現。

 

胴体は脇腹に合わせ目があり、見栄えを重視するなら処理対象。

 

チャームポイントの一つでもあるネクタイは、裏側まで作り込まれています。

 

胴体はボールジョイント接続で、胸部で可動する仕組み。

 

左右に腰を捻るポージングは十分可能。

 

胴体の可動範囲は良好で、反る、屈むといった動きも十分可能。

 

胴体関節は保持力、強度共に安定しており、取り外しも容易。

 

少なくとも捻ったり、引っ張ったりで破損することは無いでしょう。

 

 


下半身


大腿部のガーターベルトが特徴的な脚部。

 

優美な脚線美もさることながら、ベルト部分まで分割するという気合の入れようは驚異の一言。

 

脚部は合わせ目が集中しており、消した方が見栄えは断然良いでしょう。

 

塗装にも配慮されており、合わせ目処理してもパーツはある程度分解可能。

 

股関節はボールジョイント接続で、開脚は画像が限界。

 

可動域は標準的ですが、やや保持力が弱め。

 

しかし、股関節基部は上下にスライドする引き出し関節なので、関節を引き出せば可動域は大幅に拡大。

 

股関節の引き出し関節により、立膝も十分可能。

 

膝は二重関節で、180°近く曲げられる等、可動域は非常に広いです。

 

太腿部にはロール軸もあり、女の子座りも可能。

 

シューズは見た目に反し、複数のパーツの集合体。

 

その分、色分けは隅々まで行き渡っている印象。

 

足首関節の可動域も極めて広く、左右への接地性は抜群。

 

前後にも大きく可動。

 

つま先も可動するので、立膝をつく際などには便利なギミック。

 

製作途上のFAG轟雷と。

 

頭身それ自体は旧来と変わらず、基本的なフォーマットも変化なし。

 

ただ、今までとは異なるデザインはかなり新鮮。

 




 


オプション


付属品は、シリーズ随一と言っても過言ではない数量。

 

ボリューム面でも、かなり満足の内容。

 

ナイフは刀身がクリヤーパーツ成型。

 

ナイフは逆手だけでなく、通常状態でも保持可能。

 

また、ナイフは折り畳み式で、腰部にマウント可能。

 

マシンガンは二丁付属。

 

銃自体のデザインも秀逸ながら、表面のモールドも精緻に施されています。

 

ロケットランチャーはマシンガンに砲身を接続する方式。

 

ロケットランチャーを持たせる時は、マガジンは取り外します。

 

砲身部分をマシンガンに被せて完成。

 

弾頭も別パーツ化され、無塗装でも見栄え良し。

基本的に肩に担ぐスタイルで、脇に抱えるのはやや厳しいです。

 

モチーフとなった「グライフェン」の頭部を模したヘルメットも付属。

 

クリヤーグリーン成型で、縁は塗装する必要があります。

 

ヘルメットは取り付け位置の調整が可能で、後頭部に付けることで顔から外した状態も再現可能。

 

 


パワードスーツ


パワードスーツ装備に移行する場合、少女本体にもパーツを取り付け。

 

まずはネクタイを外し、胸部パーツを換装し、肩部にパーツを取り付け。

 

上半身及び、下半身に接続するパーツを用意。

 

グリップ等はマシンガンを変形させ、専用アタッチメントを介して接続。

 

上半身のパーツは、腰部(赤丸)に取り付け。

 

脚部の外装は、大腿部脛の側面に取り付け。

 

 

取付後、脚部の外装を覆うように可動させて完成。

 

華奢な少女と、逞しいパワードスーツのギャップが面白い形態。

 

コンセプトとしては、「M.S.G パワードガーディアン」のコンパクト版といった赴き。

 

メカニカルな造形、細部のディテール等も精巧。

 

反面、パワードスーツ自体に肉抜き穴が至る所に点在しており、かなり厄介。

 

その上、ぱっと見デザインの一部とも見間違うことも必定なので、改修時は要注意といったところ。

 

シリンダー部分は一体成型で、動きに連動して可動はしません。

 

レバー部分はマシンガンを変形させたもの。

 

しかしながら、それらしく収まっているのが見事。

 

可動域もそれなりに広く、腕の動きにも結構追従します。

 

 

脚部は表面のモールド等はかなり細密。

 

可動箇所も多く、おもったよりは自由度は高め。

 

特徴的な巨大な腕部。

肩は軸関節の組み合わせで、可動範囲は良好。

 

関節の保持力も問題なし。

 

肘関節は二重関節で、その太ましい外観とは裏腹に180°近く可動。

 

ハンドパーツは今回の目玉の一つ。

 

全ての指は可動し、表情豊かなポージングが可能。

 

指は簡単に取れることもなく、保持力や強度は申し分なし。

 

裏側には肉抜き穴がかなり多め。

 

手首関節も大きく可動し、腕部の可動域は非常に広いのが特徴。

 

また、グライフェンのセールスポイントでもある副腕は展開可能。

 

今回は腕部のみに搭載。

 

副腕もフレキシブルに可動し、クローの開閉も可能。

 

腕だけでもギミック盛り沢山。

 

脚部は少女の動きに可動しますが、膝の可動域は90°程。

 

反面、足首は多重関節なので、接地性は優秀。

 




 


ライドビークル


ライドビークルへ変形させる場合、少女本体を取り外し、パワードスーツをもう一度分解します。

パワードスーツ同士を連結。

 

最後にハンドルを展開して完成。

 

 

もう一つの形態であるライドビークル。

 

単なるパーツの組み換えだけで、二脚走行メカへ変貌。

 

スタンド無しでも自立可能ですが、安全のため補助スタンドへの接続を推奨。

 

見えないような裏側部分もリアリティ溢れる造形。

 

 


特典パーツ


コトブキヤショップで購入されたユーザーだけの特典。

 

今までと変わらず、髪の毛のカラーバリエーションですが、それでもお得感あり。

 

髪の毛の色が変わっただけでも大分イメージが異なり、爽やかさが加わります。

 

どことなくブルマっぽいのは色だけではないはず。

 

それと、タンポ印刷無しのフェイスパーツも三種も付属

 

こうして見ると、製品に付属するタンポ印刷済みのフェイスパーツの処理には頭が下がります。

 

このオマケフェイスパーツも、モデラーにとっては複製したり、巷で人気の視線追従型に改造出来たりするので、ヘビーユーザーにとっては貴重な存在。

 

 


アクション


 

ということで、フレームアームズ・ガール グライフェンでした。

 

正直サンプルは若干微妙というのが率直な感想でしたが、製品版は予想を覆す完成度。

 

少女本体も可愛らしく造形され、様々なオプションによる多彩な形態でディスプレイ可能。

 

ギミックも豊富で、とにかく遊び応えのある製品内容。

 

関節の強度、パーツ精度等も不満はなく、プラモデルとしての組み立てやすさも問題ないレベル。

 

また、3mmジョイント対応のハードポイントもある関係で、同社の「モデリング・サポ-ト・グッズ(M.S.G)」を用いた拡張性の高さも魅力。

 

その反面、パワードスーツの肉抜き穴の数はかなり多めなので、合わせ目と併せて改修必至。

 

しかしながら、FAGの名に恥じぬ高い完成度を誇り、比較的ビギナーも安心して作れます。

 

特典パーツの入手につきましては、お近くのコトブキヤショップ及び、コトブキヤオンラインにての購入となります。

 

下記リンクからは、改修作業に関する内容をお届けします↓

フレームアームズ・ガール グライフェン 改修1(合わせ目処理)

フレームアームズ・ガール グライフェン 改修2(パーツ整形)

フレームアームズ・ガール グライフェン 改修3(肉抜き穴処理)

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 


オススメ記事


コトブキヤ クロスフレーム・ガール ガオガイガー(特典付き) レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット XF-3(特典付き) レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク レビュー

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

コトブキヤ ゼノサーガⅢ KOS-MOS Ver.4 レビュー

 

 


関連商品



コトブキヤ フレームアームズ EXF-10/32 グライフェン:RE 全高約150mm 1/100スケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ エクステンドアームズ03 1/100スケール プラスチックキット


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド 全高約180mm ノンスケール 色分け済み プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver.


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. 全高約150mm ノンスケール 色分け済み プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. 全高約150mm NONスケール プラモデル


フレームアームズ・ガール フレズヴェルク 全高約150mm ノンスケール 色分け済み プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル 全高約150mm NONスケール 色分け済み プラモデル


マスターファイルBOX フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=ルフス (マスターファイルシリーズ)

 





2件のコメント

  1. レビューご苦労様です。思っていたより全然可愛い!
    メカも色々と遊べそうですね^^!!!ありがとうございます。

    1. 白猫様

      コメントありがとうございます♪

      サンプルは写真の移りが悪かったのでしょう(汗)

      また、少女はデコマスだと唇が目立っていたのですが、他と比べて一人だけ浮いたようなデザインに見えたのも一因かと思われます。

      製品はそういった塗装処理もされていない関係で、逆に良い方向へベクトルが働いたようですね。

      パワードスーツ自体もギミック豊富で、M.S.G等の別売商品で全部乗せなんかも可能!

      反面、肉抜き穴はこれまでとは比ではない多さなので、人によっては気になるかもしれません。

      しかしながら、十分楽しめる製品なので、少なくともガッカリすることは無いかと思われます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です