コトブキヤ スーパーX2 改修1

■コトブキヤ スーパーX2改修

 




 

さて、前回レビューさせて頂いた「コトブキヤ スーパーX2&92式 メーサービーム戦車」ですが、今回からは塗装を意識した改修を施して行きます。

 

特撮作品のメカニックということで、映画のプロップのような質感を追及していく予定です。

 

製品仕様に関しては、下記リンクからよろしくお願いいたします↓

コトブキヤ スーパーX2&92式 メーサービーム戦車 レビュー

 

今回はスーパーX2から取り掛かりたいと思います。

 

比較的シンプルな形状で、パーツ数も少な目です

 

ですので、正直それほどやることも無く、ただひたすらにゲート痕を消し、合わせ目処理を同時並行。

ゲート痕は始めから目立たない設計で、露出した箇所も精々10箇所あるか無いか程度なので、ガンプラよりも作業量はずっと楽です。

 

合わせ目に関しては、胴体にかなり目立つ部分があり、これが主な処理対象。

 

ここは合わせ目をモールド化する方法で改修。

 

分割線に沿って、デザインナイフを当てて、カンナがけして面取りをします。

 

その後、モールドが均一な細線で表現出来れば問題はありませんが、よれたりした場合はもう一手間必要です。

モールド化した合わせ目に沿って、ラインチゼルを引いていき、スジ彫りを均一にします。

 

これにより、新たに追加したモールドがより綺麗に見えます。

 

加えて、単純ながらもディテールアップへと繋がります。

 




 

次にその他の合わせ目も処理していきます。

 

メインカメラ頭頂部も、先程と同じように合わせ目をモールド化します。

 

この部分に関しては、もう少しパーツの追加で情報量の密度を上げて行きたいです。

 

艦首の合わせ目にもスジ彫りを施し、ディテールアップ。

 

エンジン外装の合わせ目も、同様にモールド化。

 

この工程も慣れると時間短縮&ディテールアップに繋がり、模型製作においては非常に便利な技法ですが、それも時と場合によります。

 

フレームアームズ・ガールや、メガミデバイスのようなキャラクターキットなら、肌の合わせ目は消した方が遥かに見栄えは良くなりますが、メカ系には積極的に取り入れたい技法です。

 

ということで、今回はここまで。

 

次回は塗装作業へ移行します。

コトブキヤ スーパーX2 改修2

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 


コトブキヤ ゴジラvsビオランテ スーパーXII 1/144スケール プラモデル

 

 

・関連商品


コトブキヤ ゴジラvsビオランテ 92式メーサービーム戦車 1/144スケール プラモデル

 


青島文化教材社 ゴジラ×メカゴジラ MFS-3 3式機龍 全高約24cm 色分け済みプラモデル GO-01

 


フジミ模型 チビマルゴジラシリーズ No.5 メカゴジラ(3式機龍 重武装型) ノンスケール 色分け済み プラモデル チビゴジラ5

 


フジミ模型 チビマル ゴジラシリーズ No.3 三式機龍 ノンスケール 色分け済み プラモデル

 


フジミ模型 チビマルゴジラシリーズSPOT No.3 チビマル ゴジラ VS 三式機龍 対決セット ノンスケール 色分け済み プラモデル チビゴジラSPOT3

 


フジミ 170435 ちびゴジラSP2 チビマル ゴジラVS陸上自衛隊 10式戦車 対決セット

 




 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です