【転売屋】HGUC ナイチンゲール&バウンド・ドック再販案内【爆死】


 

モデラー兄貴オッスオッス!

 

つい先週起きた『ナイチンゲール返品騒動』から、『HGUC ナイチンゲール』の再販案内の詳細をお伝えします。

 

 


HGUC ナイチンゲール


『HGUC ナイチンゲール』は8月26日に納入予定。

 

9月に一般店頭再販、8月19日からプレミアムバンダイでは随時予約開始予定。

 

予約受付開始は、2021年8月19日 13時からで、発送は2022年1月発送。

 

 


HGUC バウンド・ドック


ナイチンゲールに合わせ、『HGUC バウンド・ドック』も再販。

 

プレミアムバンダイでも予約受付予定とのこと。

 

長らく品薄状態が続いていたバウンド・ドックも、ゲーツ機がバリエーションキットとしてリリースされるに辺り、ナイチンゲールと同時に再生産されるのは嬉しいところ。

 

ちなみに、2次再販等が予定されているかは未定で、今後もバンダイには予約受付による受注販売を検討してもらいたいです。

 

ただ、『METAL ROBOT魂 ガンダムバエル』の受注再開が行われた辺り、柔軟に対応してくれそうである。

 

しかしながら、ここ最近で転売関連の騒動が何故ここまで大炎上するのだろうか?

 

“転売容認”発言のホビージャパン編集者 炎上後に退職処分へ

 

「ホビージャパン」編集者のSNSでの発言について、株式会社ホビージャパンが、該当者の退職処分をはじめ、担当取締役や編集長も降格処分とする極めて短期間で重い処分を行なった。

 

『HGUC ナイチンゲール返品騒動』から見るに、単なる市場流通の問題だけではない。

 

【転売屋】HGUC ナイチンゲールが返品? 一部店舗で在庫復活【爆死】

 

特にトヨタの『ランドクルーザー』転売対策が顕著となっており、それらを見て見ると転売が国際問題化していることがわかる。

 




 


トヨタ ランクルの転売対策


画像引用:新型トヨタ・ランドクルーザー(300系)

 

トヨタから販売されている、新型ランドクルーザーの販売における特殊な点は、契約時に「輸出防止事前チェックシート」の提出が求められる点。

 

通常、新車の契約時には「新車注文書」「重要事項確認書」といった書面への押印が求められるが、この「輸出防止事前チェックシート」に関しては、新型ランドクルーザー特有のもの。

 

具体的には・・・

 

・車両登録後1年間の輸出や転売をおこなわない

・古物営業法や車庫法に違反しない

・販売店側の判断により、注文をキャンセルする場合がある

 

・・・といった内容であり、「これらの内容に反した場合、今後取引をおこなわない可能性もある」といったことも記載され、「出禁」の可能性もあるなど、かなり厳しい内容。

 

自身の愛車として購入し使用するには問題ないが、なぜこのような販売姿勢がとられているのかと言うと、大きくわけてふたつの事情がある。

 

大きな理由の一つは、国連安全保障理事会が定めているテロ資金供与防止条約や、外国為替及び外国貿易法(外為法)による、テロリスト対策。

 

ランドクルーザーは使い勝手の良さや耐久性の高さから、そうしたテロリストたちの道具として使われてしまう恐れがある。

 

現にISISがトヨタ車を愛用しているとして、2016年にアラブ諸国はトヨタ車6万台を購入し、テロ組織ISISに提供したことを明らかにした。

 

画像引用:【ParsToday】アラブ諸国、ISISのためにトヨタ車6万台を購入

 

もうひとつの理由は、「輸出防止事前チェックシート」がいわゆる転売の防止の意味合いも含んでいるため。

 

今後、需要の見込まれる商品を大量に買い占め、相場価格を釣り上げたうえで販売する転売屋が問題視され、新型ランドクルーザーのように、1年以上の納期が見込まれるようなクルマもまた、そうした転売ヤーにとっては注目の的となっている可能性はある。

 

日本車は海外での人気が高く、日本人は転売目的で売買しようとし、取引相手がテロ組織だと知らずに転売してしまうケースもあり、間接的にとは言え、転売屋がテロ組織の支援をしているとさえ指摘されている。

 

転売そのものは違法ではないが、テロリストや暴力団関係者への利益供与につながる場合や、酒などの販売許可を要するものを無許可で販売した場合、そして、古物営業法や関連法規に反した場合は完全に違法。

 

引用:【くるまのニュース】トヨタ新型「ランクル」約束破れば「出禁」も! 納車は最低1年以上? テロ&転売対策な販売事情とは

 

そして、今回の HJ元編集者ぺの謝罪ツイートにも寄せられたものの中には、『転売行為で得た資金が、反社会的勢力や、外国に流れて行っている事態は、ご存知でしょうか?御社やご本人がそういう、団体等と繋がりのある様に見られてしまいますよ。』という書き込みも見られた。

 

 

まさにランクル転売がそれに該当。

 

テロ資金供与防止条約や外為法では、テロリストと知りながら資金や物資の提供をおこなうことを固く禁じている。

 

今回の「輸出防止事前チェックシート」には、購入者がテロリストの関係者でないことを確認するという意味合いが強く、転売屋がテロ組織へ供給することを危惧して導入されたものだ。

 

無論、相手がテロ組織や暴力団だと知らずに転売した場合でも、厳罰に処せられることは容易に想像出来る。

 

また、入場券不正転売禁止法が施行された際は、転売屋だけでなく、ダフ屋そのものが反社会的勢力の一部だったことが以前から問題視されていた。

 

元々、ダフ屋は反社会的勢力として暗躍しており、 チケットの転売はそうした反社会的勢力の資金源となっていたが、決して素人は手を出さなかったし、出せなかった背景がある。

 

しかし、ネットでオークションサイトやフリマアプリ等が現れると、転売を推奨するインフルエンサー達が登場したことで転売屋が急増し、需要と供給のバランスが崩れた。

 

 

無論、税や法的知識のない人間が始めたことは大きな問題で、大半が先の見通しなく借金して多額の負債を抱えたり、転売行為が犯罪と見なされて逮捕されるケースが増加している。

 

【MSNニュース】転売ヤーたちの断末魔。コロナで暇人が多数参入、フリマ市場は価格崩壊

 

弁護士の『福井健策』氏も、『「マスクを本当に必要とする人々のため、フリマサイト等は小売りチェーンやメーカーとも情報共有を密にするなどして、高額転売の抑止に取り組むべきだ」と発言し、フリマサイト等も高額転売抑制の姿勢は示していたが、結果として十分な抑止につながっていたとは言いがたい。緊急措置法の禁止措置は、容易に多品目に広がる性質の規定ではないが、それでもフリマサイトの現場対応が十分機能せず強制的な法発動を招いたことで、買占め・転売問題が新たな局面に入ることは間違いないだろう』とフリマサイトの対応を批判。

 

新たに強力な法規制・厳罰化を行うことも検討されているとして警鐘を鳴らす。

 

引用:「転売社会の法的問題  ~転売、転売目的の購入はどこまで自由なのか~【update版】」

 

そして、次第に強まる業界の締め付けは各方面でも 転売屋撲滅運動が最も活発化している現在において、最早社会全体で排除の動きが進んでいる。

 

また、今回のナイチンゲール返品騒動で、販売店が連携して転売屋ブラックリストなるものまで作成される始末。

 

【転売ヤー】ガンプラ返品祭りでブラックリスト作成撲滅運動へ!!転売擁護経済学者、ぐうの音もでず謝罪もできない行動がヤバすぎる!!ww ▼

 

また、Amazon等は、2017年に突如として予告なくガイドラインを変更したりしている。

 

これは、商品を中古を新品と偽って販売していた悪質な転売屋がいたため、強力な規制強化を唐突に導入したもの。

 

古物商許可を持たない転売屋が扱う品物は、新品とは言え一度でも市場に流通したものは法的に未使用でも中古品扱いとなる。

 

以前は、高額転売そのものが批判を浴びていたが、今や「転売=悪」と図式が成り立ってしまったと、ネット物販に精通した『加藤さとし』氏も指摘。

 

転売ヤ-(転売屋)として稼いでいた私が転売をやめた5つの理由

 

また、同氏は海外ECサイトで激安で販売されているものを、Amazon等で定価で売るという手法がメジャーになると見ているという。

 

もし、この先ネットショッピングを行う際は、転売屋の危険性を十分考慮しなければならない。

 

転売屋だけでなく、違法だと解かって転売屋からモノを買った自身が罪に問われてしまうのかもしれないのだから。

 

それでは皆さん。

 

楽しいホビーライフを。

 




 


オススメ記事


【転売屋】「ガンダムトリスタン事件」と「ドラゴンの迷路騒動」とは?【爆死】

 


4件のコメント

  1. 転売っていうとマスクやPS5の印象が強いですが、そういうのもあって新たに始める人も増えてるんでしょうかね… 今後も色んなジャンルの製品で行われるだろうと思うとなんだか悲しいです。転売を本格的に無くすとなると法改正や輸出入規制が必要でしょうし難しいとは思いますが、どうにか無くしてくれるとありがたいですね

    1. 亮様

      コメントありがとうございます!

      >転売っていうとマスクやPS5の印象が強いですが、そういうのもあって新たに始める人も増えてるんでしょうかね…

      全ての転売が悪とは言い切れませんが、少なくとも高額転売が世間に悪と認識されているのは間違いありません。

      そして、転売屋の背後にはそれを勧める第3勢力『転売屋向け情報商材業者』が影響していることが問題ですね。

      確実に稼げるという保証はないのに、「転売は合法で儲かる」と甘い言葉で誘惑し、高額なツールや情報商材を売りつけて暗躍し続ける・・・

      私も少し覗いてみましたが、肝心な内容を知るには数十万ものセミナー代等を要求された時点で止めました。

      それに、ネット通販に精通した人物からの情報ですが、Amazonを始め各種通販サイトが水面下で転売規制を確実にさらに強めると明かしているようです。

      >今後も色んなジャンルの製品で行われるだろうと思うとなんだか悲しいです。転売を本格的に無くすとなると法改正や輸出入規制が必要でしょうし難しいとは思いますが、どうにか無くしてくれるとありがたいですね

      我々は何も出来ないのかと言われれば、そうでもありません。

      転売屋からは買わない。

      これが一番打撃があります。

      そして、マスクやアルコールの件でもそうですが、政府や行政を巻き込んだ大きな世論こそが一番の武器なんですよ。

      今回のHJでもTwitterデモの如く、大きな世論を形勢することで事態が大きく動くのです。

      Twitterデモは総理大臣にさえ影響を与えると言いますし、SNSは諸刃の剣ですが、使い方を間違えなれば強力です。

      法改正のために政府や行政を動かすには、私たち消費者の一人一人の力もまた必要ということです。

      希望を持って頑張りましょう。

  2. オッスオッス!
    (サイコガンダム、デンドロビウム、クシャトリヤに並ぶ宇宙世紀HGの大型キットの)顔(であるバウンド・ドック、ナイチンゲール再販は嬉しいけれど置き場所に困るの)がね…
    個人的には可能ならヤマトシリーズかガバナーのレビュー見てみたいゾ~

    1. ニュービーホモガキ兄貴

      コメントありがとナス!

      >(サイコガンダム、デンドロビウム、クシャトリヤに並ぶ宇宙世紀HGの大型キットの)顔(であるバウンド・ドック、ナイチンゲール再販は嬉しいけれど置き場所に困るの)がね…

      デンドロの所為で棚一つ作る羽目になって、もうすっげぇキツかったゾ~

      ナイチンゲールもHGの癖にいや~キツイっす。

      >個人的には可能ならヤマトシリーズかガバナーのレビュー見てみたいゾ~

      あ、いいっすよ(やるとは言っていない)

      今は家に溜まってんなぁという感じで積みの消化や、昔組み立てた製品の紹介をメインにやろうと思ってます。

      機会があれば、スケールモデルもレビューしたいと思うんだけどな~俺もな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です