コトブキヤ 92式メーサービーム戦車完成(塗装改修済み)

 

■92式メーサービーム戦車 完成

 

さて、前回レビューさせて頂いた「コトブキヤ スーパーX2&92式 メーサービーム戦車」ですが、スーパーX2に続き、メーサービーム戦車も完成となりました。

 

基本的には、細部のディテールアップが中心なため、堅実に仕上げることを目標に完成させました。

 




 

製品仕様に関しては、下記リンクからよろしくお願い致します↓

コトブキヤ スーパーXⅡ&92式 メーサービーム戦車 レビュー

 

 


92式 メーサービーム戦車


92式 メーサービーム戦車は、陸上自衛隊が運用する光学兵器搭載の自走式装輪戦車。

 

元々は「大陸間弾道ミサイル迎撃システム」として開発が進められたが、現在では対巨大生物迎撃兵器として重宝されている。

 

パラボラ状の砲身を持ち、通常の戦車同様に標的を自動追尾して攻撃可能。

 

通常兵器が利きにくいゴジラを始めとした巨大生物に対し、メーサービームによる熱線照射は、怪獣の皮膚組織を焼き払う程の火力を持つため、貴重な戦力とされている。

 

今回は以前に製作した「ピットロード 1/144 10式戦車」と異なり、架空の戦闘車両となります。

 

ですので、基本的には映画のプロップを参考に塗装とウェザリング。

 

同時に、細部のディテールアップやクリヤーパーツへの塗装等、マット調の車体といかに正反対の質感を再現するかも課題でした。

 

回転灯は無色のクリヤーパーツが付属しており、これらはクリヤーレッドで彩色。

 

フロントライトは、自作クリヤーパーツをはめ込んでディテールアップ。

 

色彩は設定とは異なりますが、実際に陸自で使われている車両を参考に塗り分け。

 

タイヤはサンドイエローによるドライブラシで、土や泥の汚れを再現。

 

ホイールキャップ等にも軽く塗料を乗せると、リアリティ溢れる表現となります。

 

車体後部の回転灯も、クリヤーレッドで彩色。

 

亀の甲羅を思わせるユニークな形状の砲塔は、溝部分にシャドー塗装を施し、より重厚感を強調。

 

元々、かなり色の濃い濃緑色をベースに塗装しているため、ブラックを薄く吹いても大して目立たず、逆に吹きすぎると細部のディテールが潰れます。

 

車体も同様にシャドーを吹き、エッジ部分にはシルバーによるドライブラシで金属感を強調。

 

砂汚れと併用する形でウェザリングを施すため、双方がバランスよく纏まるように調整。

 

主に車体にはシルバー、タイヤ周りにはサンドイエローによるドライブラシで表現。

 




 

メーサー砲は砲身をマイカシルバーで塗装し、エナメルブラックでシャドー塗装。

 

これにより、シルバーに重々しさが加わり、全体とのコントラストとも上手い具合に馴染みます。

 

クリヤーパーツは内部をクリヤーオレンジで塗装後、フラットブラックで墨入れしてディテールを際立たせています。

 

砲塔のライトは、クリヤーパーツをそのまま使用し、表面をベース色で塗装。

 

 

 

各部マーキングは付属の水転写デカールで処理。

 

但し、オレンジのラインモモンガのデカールは筆者の好みで貼っていません。

 

映画を見直しても、殆ど確認出来ませんでしたし、例え確認したとしても全体のイメージを優先していたでしょう。

 

車体のあまり見えないディテールは、ややウェザリングを控えめにしてメリハリを付けています。

 

 

車体後部やタイヤ側面等、細かな部分にも彩色やウェザリングを施せば、より説得力のある質感表現となります。

 

 

砲塔の旋回、行俯角の調整といった可動ギミックは健在。

 

製作に関しては、ミリタリー調の色彩と合わせ、より重量感を感じさせるイメージを目指しました。

 

当初は電飾も検討していましたが、劇中に忠実な発光パターンは技術的問題にぶち当たって断念。

 

 


アクション


 

ということ、「コトブキヤ 92式メーサービーム戦車」でした。

 

ゴジラファン、特撮ファンには嬉しいチョイスとなるメーサータンクですが、本体はそれに応えるの高い完成度を誇ります。

 

特にスケールモデルを意識した塗装を施すことで、戦車らしい武骨な外観に。

 

1/144スケールということで、他者製品と合わせて良し、ジオラマとして流用しても良しと至れり尽くせりというのも嬉しいところ。

 

今週にはアオシマからプラキット「ACKS 三式機龍」が発売されますので、同じゴジラ作品同士でのディスプレイもロマンがありますね。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 


オススメ記事


アオシマ ゴジラ×メカゴジラ MFS-3 3式機龍 レビュー

アオシマ MFS-3 3式機龍 改 レビュー

コトブキヤ スーパーXⅡ完成(塗装改修済み)

ピットロード 10式戦車完成(塗装改修済み)

87式自走高射機関砲 完成(塗装改修済み)

 

 


関連商品



コトブキヤ ゴジラvsビオランテ スーパーXII 1/144スケール プラモデル


青島文化教材社 ゴジラ×メカゴジラ MFS-3 3式機龍 全高約24cm 色分け済みプラモデル GO-01

 


フジミ模型 チビマルゴジラシリーズ No.5 メカゴジラ(3式機龍 重武装型) ノンスケール 色分け済み プラモデル チビゴジラ5

 


フジミ模型 チビマル ゴジラシリーズ No.3 三式機龍 ノンスケール 色分け済み プラモデル

 


フジミ模型 チビマルゴジラシリーズSPOT No.3 チビマル ゴジラ VS 三式機龍 対決セット ノンスケール 色分け済み プラモデル チビゴジラSPOT3

 


フジミ 170435 ちびゴジラSP2 チビマル ゴジラVS陸上自衛隊 10式戦車 対決セット

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です