コトブキヤ メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー レビュー

 

今回はメガミデバイスより、BULLET KNIGHTS ランサーをご紹介。

 

以前にご紹介致しました、BULLET KNIGHTS ランチャーの姉妹機となり、ランチャー同様にメガミデバイス史上最大級の武器が自慢のメガミとなっています。

 

それでは早速レビューへと参りましょう。

 




 


パッケージ


 


付属品一覧


パーツは殆どがランチャーと同じものが付属。

 

組み立て時間も2~3時間を目安にした方が良いでしょう。

 

フェイスパーツはタンポ印刷済み。

 

彩色も精緻に処理されています。

 

水転写デカールは、ランチャーと同じくメタリック調。

 

ランチャーではゴールドのマーキングが用いられていましたが、ランサーではシルバーのマーキングが採用され、品のある落ち着いた色調へ変化。

 

リード線は二本付属。

 

 


BULLET KNIGHTS ランサー


ランチャーと同じく、新カテゴリー「BULLET KNIGHTS(バレットナイツ)」として登場し、キャラクターデザイナーは引き続きイセ川ヤスタカ先生が担当。

 

本体の構成は頭部、胸部以外は共通パーツで構成され、完全なカラーバリエーションと言える仕様。

 

装備も一見すると、メインウェポンであるロングランスも殆どロングランチャーのマイナーチェンジで、シールドに至っては成型色を変更したのみ。

 

造形に関しては、安心のブキヤクオリティながら、ランチャーとはそれ程大きな差別化が図られていないので、新鮮味に欠ける点が唯一の不満点ながら、この辺りは個人で感じ方が異なります。

 

本体そのもの可動については、ランチャーのページをご参照ください↓

コトブキヤ メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー(特典付き) レビュー

 

 


頭部


頭部はピンクの髪型が鮮烈な印象で、頭髪の発色がかなり強め。

 

フェイスパーツの造形は相変わらず優秀なるも、表情のチョイスにやや癖があるのが特徴。

 

 

頭部は意外にも複雑な構成で、襟足部分は2層構造にするなど、造形面においても手の込んだ部分。

 

反面、パーツを細分化した影響で、ゲート痕があちこち目立ちます。

 

ポニーテールは球体ジョイントで可動。

 

ハート目

 

瞳にハートが写っているのが特徴で、口は歯まで丁寧に塗装処理されています。

 

いくらうましっ!顔(公式表記)

 

別名”てへぺろ”

 

一応はグルメ的なテイストの表情ながら、使い方によっては高い汎用性を備え、おふざけ感を演出するのにも使える万能フェイスパーツ。。

 

どの表情も良い出来ですが、使いどころが限定される変わり種が多く、今までのシリーズと比べると扱いが若干異なります。

 

 


肩部


肩の構造は従来と同様。

 

可動範囲も同一で、広い可動域を発揮。

 

 


腕部


腕もシリーズ共通フォーマット。

 

肩部と併せて、可動範囲等に関してはランチャーのレビューでご参照ください。

 

 


胴体


胴体も殆ど共通パーツで構成。

 

但し、胸部パーツは新規造形され、バストサイズに至っては「朱羅 忍者」と同等と、デフォルトではメガミ中トップクラス。

 

 


下半身


脚部はニーソックス部分の成型色が変更。

 

それ以外は特に変化無し。

 

 


姉妹比較


一見すると同じように見えますが、頭部や胸部を除き、カラーリングが逆転しているのが最大の変化。

 

ところで、どっちが姉なんですかねぇ……。

 

お前のことが好きだったんだよ!

 

(百合要素は)まずいですよ!

 




 


オプション


基本的にはランサーと酷似したパーツ群で、製品ボリュームはシリーズ中トップクラス。

 

ハンドパーツはPVC製。

 

ロングランス

 

全長は356mmと、ランチャーより僅かに延長。

 

ほぼ36cmにも達する威容を誇り、圧倒的な存在感を発揮。

 

36……普通だな(間隔マヒ)

 

全長は上回るとは言え、質量的にはロングランチャーとほぼ同等を誇る巨大武器。

 

今後も、これを凌ぐ武器を持つメガミが登場するかは、まさに神のみぞ知るところ。

 

このロングランスも、ショートバレルモードに移行可能。

 

展示スペースの圧縮を考慮するなら、分解しておくのも一つの手。

 

ラージシールド

 

シールドは成型色の変更以外は同じもの。

 

フォーク&スプーン

 

ランチャーではナイフであった食器は、フォークとスプーンに。

 

ディスプレイスタンド

 

ディスプレイも、クリアースモーク成型のものが同様に付属。

 

 


武装状態


ランチャーと同じく、騎士をイメージした風貌。

 

こちらはホワイトをメインとし、より騎士らしい精悍な雰囲気に変化。

 

頭部のヘッドギアは、ランチャーと異なりやや丸みを帯びた形状。

 

耳にあたる部分は、回転可動。

 

胴体は肌の露出が減少した以外は、カラーリングが変更された仕様。

 

後頭部のコードはリード線内蔵。

 

脚部の構成も変更無しで、パーツの外れやすさも同様。

 

付属のスカートアーマーはランチャーと形状が異なり、やや角ばったデザイン。

 

それに合わせ、ディテールも変更。

 

フィンは独立可動し、閉じることが出来るのが唯一の違い。

 

腰部に装備可能で、禍々しいシルエットとランチャーと異なり、品のあるドレスのようなイメージ。

 

 


完全武装状態


ランスとシールドを装備した状態。

 

他を圧倒する威容は、BULLET KNIGHTS最大の強み。

 

トップヘビーなのも相変わらずで、武器を支えにすれば自立可能。

 

シールドは左側に装備。

 

背面は補助アームで武装を支え、保持力が高いので様々なポージングに対応。

 

 


ライドモード


ロングランスシールドを組み合わせてライドモードへ。

 

ただ、依然として乗せ辛いので、余程こだわりがない人以外は使用頻度が少ない形態。

 

乗るようにではなく、マシンに牽引されるかのようなディスプレイが意外に様になります。

 

 


アクション


 

 

ということで、「メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサーでした。

 

製品のスペックとしては、ほぼランチャーと同等のレベルで、巨大武器+少女という鉄板ネタを徹底追及した潔さが魅力的。

 

ランチャーをお持ちのユーザーだと、他のメガミ以上に既視感の強い印象で、朱羅やSOLとは違い、揃えて強化形態に出来るわけではないので、両者揃えても高いプレイバリューは期待出来ません。

 

しかしながら、キットそのものはハイレベルな造形と、ボリューム満点の武装が強みで、しっかりとランチャーと差別化出来ているので、並べてディスプレイしても特に損はありません。

 

逆に巨大な武器が、スペースを独占してしまう恐れがあるため、しっかりと展示スペースを確保していくことを推奨。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 


オススメ記事


コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 弓兵 レビュー

アルファマックス DarkAdvent Dragondress ソフィア レビュー

コトブキヤ クロスフレーム・ガール ガオガイガー(特典付き) レビュー

コトブキヤ ゼノサーガⅢ KOS-MOS Ver.4 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

グッドスマイルカンパニー チトセリウム プラチナム(プロトタイプ) レビュー

 

 


関連商品



メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー 全高約345mm 1/1スケール プラモデル

 





2件のコメント

  1. レビューありがとうございます!

    ほんとこれ、髪は結構ピンキー(ファッ)色がなんか濃いですよね~
    大人のおもちゃ色してんじゃねーぞ!おもちゃのくせによー(意味深)

    胸に関しては武器も武器も(意味深)でかくしたブキヤは多分変態だと思うんですけど(名推理)

    百合はやめろォ(建前)ナイスゥ(本音)

    1. MIR兄貴

      遅れながら、コメントアリシャス!

      例えにピンキー姉貴を出すのは完全な初見殺しなのでNG

      おもちゃを目の前にして、暴れるなよ・・・暴れるなよ・・・ 声抑えろ・・・声抑えろ・・・(世間体)

      最近のブキヤはスレンダーを蔑ろにする傾向が強いようで・・・すごい変態だなこのブキヤ(常識)

      百合とかノンケ受けしちゃう、ヤバイヤバイ(ホモへの配慮)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です