コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

 

今回は、コトブキヤのオリジナルコンテンツである「フレームアームズ」のスピンオフ「フレームアームズ・ガール」に、新ブランドとして「フレームミュージック・ガール」が始動。

 

その第一弾として、島田フミカネ氏と柳瀬敬之氏のデザインによる「初音ミク」が登場。

 

それでは、早速レビューへと参りましょう。

 




 


パッケージ


 

 


付属品一覧


パーツ数量はマテリアとほぼ同じ。

 

組み立てには1時間半程で完了しますが、本体はかなり細かなパーツで構成されています。

 

スカートはライトグリーンが予め塗装済みで、既にランナーから切り離された状態で梱包。

 

精度、品質共に申し分なし。

 

ハンドパーツはPVC製で、全5種類(合計10個)が付属。

 

水転写デカールは通常通り付属。

 

 


初音ミク


 

「初音ミク」は、YAMAHAの音声合成システム「VOCAROID」における音源ソフトであり、そのキャラクターの名称。

 

開発はクリプトン・フューチャー・メディア。

 

2007年の年に華々しいデビューを飾り、現在における音楽カルチャーの象徴的であり、サブカル界では欠かせない存在でもある。

 

現在でも拡張音源等のソフトは様々なバージョンが発売され、誕生から10年経過しても、その人気は一向に衰えておらず、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界進出まで果たす。

 

音声データ提供は声優の藤田咲氏。

 

コトブキヤの新たなる刺客として送り込まれた、フレームミュージック・ガール。

 

基本的なフォーマットは従来と変わりませんが、相変わらず造形レベルは高次元で安定しています。

 

コスチュームは今回の立体化に際し、よりSF色の濃いコスチュームへと新調。

 

成型色の段階でも色合い、パーツ分割共にほぼデザイン画と遜色無し。

 

可動域も広く、本体の完成度は抜群。

 

 


頭部


フェイスは彩色見本よりも色白。

 

アイプリントやチークの精度も高精度で、非常に綺麗に処理されています。

 

髪の毛は繊細な造形な上に、毛先もシャープでガンプラとは比較にならない鋭さ。

 

前髪だけでも複数のパーツで構成され、より立体感を重視した作り。

 

うなじ部分もしっかりと造形。

 

ミクを象徴する特徴的なツインテールはボリューム満点。

 

シャープな造形も大いに見所。

 

ツインテールは可動式で、球体関節により非常に広範囲に可動。

 

フェイスパーツは「右目線」、「左目線」、「左目線(笑顔)」の三種が付属。

 

前髪パーツのみ取り外し、フェイスパーツを交換出来るので、ストレスなく換装作業が可能。

 

 

左目線。

 

笑顔(左目線)。

 

どのフェイスパーツも造形はピカイチなものの、視線が正面を向いたものが付属しないので、ユーザーによっては気になることも。

 

首はボールジョイントと軸関節の組み合わせで、これまでのシリーズを遥かに凌駕する可動域。

 

首関節基部の可動域が極めて広いため、これまで以上に躍動的なポージングが可能。

 

関節構造はメガミデバイスに準じた仕様で、専用パーツに交換すれば別売のメガミの頭部も取り付け可能。

 


肩部


肩は以前にレビューさせて頂いた「フレームアームズ・ガール グライフェン」を踏襲しており、左右でデザインが異なるパーツ構成。

 

基部はボールジョイント接続で、取り外し可能。

 

メンテナンス性や保持力の面でも優秀。

 

肩周りは装飾らしいものは無いので、腕は水平以上は上がります。

 

前後にも多少動くので、自由度は総じて良好。

 

 


腕部


肘は二重関節ではないものの、90°以上は軽く曲がる等、自由度は高め。

 

特徴的な広がった袖や、細部のディテールもこだわり抜かれ、精緻に造形化。

 

一部はクリヤーパーツ成型で、付属の水転写デカールで液晶画面を再現可能。

 

手首は球体関節で、取り外しは比較的容易。

 

 


胴体


胴体の服飾も今まで以上にサイバーパンクな印象で、精緻なディテールや立体感は大きな魅力。

 

ネクタイは別パーツで再現。

 

背面の情報量も秀逸で、細部の造形も抜かり無し。

 

胴体はボールジョイント接続で、左右にはそれなりに可動。

 

反る、屈むといった動作も十分可能な可動域を保持。

 

左右にも体を傾けることも可能。

 

ただ、ボールジョイントが抜けやすく、動かすたびに分離してしまうのは意外とストレス。

 

ジョイントを太らせるといった、対策も視野に入れて頂きたいところですが、少なくても捻り引っ張りによる破損の恐れは無いと考えて良いでしょう。

 

全8パーツで構成されたスカートは、固定式の後部を除けば全て個別に可動。

 

この部分は特に繊細な作りで、シャツの一部も可動する等、かなり複雑な構造。

 

付属の腰部スピーカーは、フレキシブルに可動。

 

通常は腰周りを取り巻くように可動し、左右に広げることでスピーカーとしての役割を果たすギミック。

 

 


下半身


脚部はマテリアや、轟雷&スティレット(素体状態)と同じ構造で、細部のディテールが異なるのが大きな特徴。

 

それ以外は、これといった差異は無し。

 

大腿部の黒い装甲は別パーツで再現。

 

ニーソックスは、ライトグリーンの二色で色分け。

 

股関節はボールジョイント接続で、引き出し機構も備えているため、可動域は中々優秀。

 

膝は二重関節で、非常に広い可動範囲を誇ります。

 

加えて、スカートが柔軟に可動するため、足の動きを阻害することもありません。

 

足首関節は軸関節の組み合わせで、左右への可動や接地性は問題なし。

 

前後にも大きく可動し、より接地性を高めています。

 

立膝も十分可能な可動域を維持しており、つま先も可動するため、総合的な自由度は高め。

 




 


オプション


 

本体以外には、マイク、マイクスタンド、スピーカードローン、専用ベース、差し替え腕パーツが付属。

 

マイクは小サイズながら、ディテールは高精細。

 

特にメッシュ状のモールドの細かさは圧巻。

 

マイクスタンドは簡素な構成ながら、細部のディテールは問題なし。

 

パーツ本体も軽量なので、関節への負担もほとんどありません。

 

スピーカードローン。

 

シンプルな構成ながら、メカニカルな造形は必見。

 

色分けも完了しており、素組みでのイメージも完璧。

 

スピーカードローンはブロックごとに分解可能で、全てつなぎ合わせたりも可能。

 

スピーカードローン用のスタンドパーツは、クリヤーグリーン成型。

 

音符を模した台座は、ボーカロイドの雰囲気にもピッタリ。

 

スピーカードローンはスタンドに取り付けて、浮遊状態を再現可能。

 

しかしながら、モーメントの関係で重心がズレると転倒します。

 

腕は「Ver.4」を模した袖のない腕部も付属。

 

腕のラインが強調され、スポーティーな一面が押し出される印象。

 

大腿部の装甲は、ハードポイントを備えたタイプも同梱。

 

これにより、他のシリーズや製品からも流用が可能。

 

 


アクション


ということで、「フレームミュージック・ガール 初音ミク」でした。

 

コラボレーション企画として、突如として登場した本製品ですが、キャラクターモデルとしては十分惹きつける魅力があります。

 

造形は流石はコトブキヤといった趣きで、繊細な造形組み立てやすさは「FAG」の名を冠するのに相応しい完成度。

 

ギミック面でも遊び甲斐があるので、様々なシチュエーションでディスプレイ可能な所も大きな長所。

 

既にコトブキヤオンラインでは二次出荷まで予約完売という人気ぶりで、メーカーが出荷量を制限している状態。

 

その影響からか、品数豊富な秋葉原のホビーショップの大半ではお一人様一点のみという、販売制限がなされているので、とりあえず店舗で見つけたら購入を考えてみてもよろしいのではないでしょうか?

 

何はともあれ、この世は早い者勝ちです。

 

次回からは改修をメインに行っていきます↓

フレームミュージック・ガール 初音ミク 改修1(髪の毛の合わせ目処理)

 

今回も特集を組んでおりますので、併せてご覧頂ければ、より製品の魅力が伝わると思います。

 

特集コーナー↓

ほび~Walker 第二回【フレームミュージック・ガール 初音ミク編】

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 



フレームアームズ・ガール フレームミュージック・ガール 初音ミク 全高約150mm NONスケール プラモデル

 


フレームミュージック・ガール 初音ミク コトブキヤショップ限定 クリア成型髪の毛パーツ&タンポ無し顔パーツ フレームアームズ ガール


 

 


オススメ記事


コトブキヤ クロスフレーム・ガール ガオガイガー(特典付き) レビュー

コトブキヤ メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー(特典付き) レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 弓兵 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール  グライフェン(特典付き) レビュー

コトブキヤ ゼノサーガⅢ KOS-MOS Ver.4 レビュー

 

 


関連商品



コトブキヤ フレームアームズ EXF-10/32 グライフェン:RE 全高約150mm 1/100スケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ エクステンドアームズ03 1/100スケール プラスチックキット


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷 ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール アーキテクト ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール バーゼラルド 全高約180mm ノンスケール 色分け済み プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア Normal Ver. ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール マテリア White Ver.


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 Indigo Ver. 全高約150mm ノンスケール 色分け済み プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 迅雷 ノンスケール プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール イノセンティア Blue Ver. 全高約150mm NONスケール プラモデル


フレームアームズ・ガール フレズヴェルク 全高約150mm ノンスケール 色分け済み プラモデル


コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=アーテル 全高約150mm NONスケール 色分け済み プラモデル


マスターファイルBOX フレームアームズ・ガール フレズヴェルク=ルフス (マスターファイルシリーズ)


フレームアームズ・ガール グライフェン 全高約150mm NONスケール プラモデル

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です