コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 【侍モード編】レビュー

 

以前にレビューさせて頂いた「メガミデバイス 朱羅 忍者」、「メガミデバイス 朱羅 弓兵」ですが、今回は二種を揃えることで再現可能な「侍モード」をご紹介。

 

現状では、「SOLシリーズ」と並んで珍しい装備の共有ギミックは、キットの魅力をより一段階引き上げてくれることと思います。

 

それでは早速レビューへと参りましょう。

 




 


朱羅 忍者 【侍モード】


元々の装備に加え、弓兵のものが追加されてさらにボリュームアップ。

 

全身に刃物が張り巡らされ、侍の名に相応しい武勇溢れる姿。

 

しかしながら、他を圧倒する勇ましい出で立ちとは裏腹に、大量の武具を取り付けた影響で、可動面では若干の制限を受けることになります。

 

加えて、これだけのオプションを取り付けると、持ちづらいというデメリットもあり、ポーズを取らせるのが困難という一面も。

 

スタイリングに関しては、戦国武将の甲冑を意識したデザインで、今まで以上に戦闘的な姿。

 

頭部はツインテール部分に、手裏剣を髪留めとして使用。

 

これによって、より刺々しいイメージへ変化。

 

肩にはカタールを取り付け、甲冑の大袖のように使用。

 

力強いプロポーションとなるものの、肩が干渉して肩の可動範囲が低下。

 

大腿部には弓兵のレッグアーマーを装備。

 

可動範囲に関してはやや制限を受けるものの、総合的な自由度に関してはそれ程大差はありません。

 

腰部には、大弓をベースにクナイ、カタールを取り付けた複合兵装へ変化。

 

刃物の塊と化したその威容は、見る者を驚愕させる圧巻の外観。

 

反面、自重の増加により自立性を大きく損なってしまいます。

 

大弓のブレード部分を支えにすることも可能な他、出来るだけディスプレイスタンドの使用を推奨。

 

太刀は分離状態であった、双方のものを連結させて完成。

 

長大なリーチを誇る長刀ながら、手首ジョイントに掛かる負担も大きめ。

 

補助アームに接続することで、手首の保持力を維持したままポージング可能。

 

 


朱羅 弓兵【侍モード】


基本的な部分は忍者と同様ながら、装備の接続位置により違いを強調。

 

トップヘビーな忍者とは対照的に、下半身を中心に武装を装備。

 

微妙なプロポーションの差異も、侍モードの面白いところ。

 

頭部は髪留め(リボン)を反転して取り付け。

 

上半身に装備が集中した忍者に対し、スッキリとした印象。

 

余分な装備を施さない分、可動範囲は依然として優秀。

 

アーマーは大腿部やふくらはぎ周りに取り付け。

 

一見すると窮屈そうながら、可動域はほとんど損なわれていないのが特徴。

 

腰部の構成は忍者と同様。

 

大弓がフレキシブルに可動するので、脚部の可動を妨げない仕組み。

 

また、下半身に装備が集中している分、転倒しにくくなっています。

 

ブレード部分を支えにすることも可能。

 

しかしながら、ディスプレイスタンドを使用を強く推奨。

 

相変わらず、見れば見る程に恐ろしい見た目。

 

無論、各装備は取り外し可能。

 




 


アクション


ということで、【侍モード】のご紹介でした。

 

二体揃えて実現出来る「強化形態」は、古くから日本のホビー業界における伝統商法とも言うべきもの。

 

この「朱羅」シリーズに関しても、姉妹機ならではの魅力とプレイバリューの高さを実感出来ます。

 

但し、その迫力に満ちた猛々しい風貌とは反対に、可動に制限をやや受ける等、その影響でやや扱いづらい面もある印象。

 

それだけに、片方だけでなく双方を購入しなくてはならない宿命を、モデラーは否が応でも強いられる事でしょう。

 

再生産という好機を期に、連休中に揃えてみるのも良いでしょう。

 

「メガミデバイス 朱羅 忍者」の詳細に関しては下記リンクよりどうぞ↓

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 忍者 レビュー

 

「メガミデバイス 朱羅 弓兵」の詳細に関しては下記リンクよりどうぞ↓

コトブキヤ メガミデバイス 朱羅 弓兵 レビュー

 

ということで、今回が新元号第一の記事となりますが、今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 


 


オススメ記事


コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール  グライフェン(特典付き) レビュー

グッドスマイルカンパニー チトセリウム プラチナム(プロトタイプ) レビュー

バンダイ Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ レビュー

 

 


関連商品



メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣 1/1 プラモデル(コトブキヤショップ限定)


メガミデバイス 朱羅 忍者 蒼衣 全高約140mm 1/1スケール プラモデル


メガミデバイス 朱羅 弓兵 蒼衣 全高約140mm 1/1スケール プラモデル


メガミデバイス 朱羅 忍者 影衣& 弓兵 影衣 2体 改造パーツセット006 セット


未組立 メガミデバイス改造パーツセット005 朱羅用 2次生産 忍者 弓兵 コトブキヤ KOTOBUKIYA


メガミデバイス 改造パーツセット005 朱羅用(弓兵+忍者) コトブキヤ フレームアームズ ガール 希少 新品 品

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です