バンダイ HGUC アッシマー レビュー

 

最近、筆者のガンプラブームとして、Zガンダムが再燃。

 

今回は「HGUC アッシマー」をレビューしていきます。

 

可変機の中でも特徴的な機体を、ガンプラとしてどう立体化しているのでしょうか?

 

それでは、早速レビューへと参りましょう。

 




 


パッケージ


 

 


付属品一覧


パーツ数は標準的で、組み立ては1時間程度あれば十分完成させられます。

 

 


NRX-044 アッシマー


「NRX-044 アッシマー」は地球連邦軍が運用する、宇宙世紀史上初の可変型MAである。

 

連邦軍はMS実用化当初から、コア・ブロックシステム等によるMSに簡易的な合体・変形機構を採用しており、この設計思想を時代に合わせて昇華させることで、さらに先鋭化した可変機構搭載の新機軸MSの開発計画を打ち出す。

 

これまでのMSはサブ・フライト・システム(SFS)への搭乗によって、飛行を可能にしていたが、本機は改めてSFSに依存せずに飛行させることを目標に開発されている。

 

正式採用された本機は、従来のMSとは比較にならない機動性と飛行能力を発揮。

 

MA形態での一撃離脱戦法のみならず、MS形態での格闘戦にも対応出来る高性能機として完成し、まさに連邦軍技術陣の大きな勝利の一つと言える。

 

可変機としては最初期の機体ながら、優れた操縦性や信頼性に加え、高性能機でありながら生産性も良好であったことから、少数の機体が量産化される等、当時の可変機としては最も完成度の高さを伺わせる傑作機である。

 

当時人気を博したアーケードゲーム、「機動戦士Zガンダム エゥーゴvsティターンズ」よって、「Zガンダム」が再びフューチャーされ、その人気にあやかってキット化された一つがこのHGUC アッシマーです。

 

個性的な可変機の中でも、特にユニークな可変機構を備えるアッシマーですが、HGUCでは差し替え無しの完全変形で再現。

 

同時に良好なプロポーションを両立した秀作キットで、10年以上前に発売された製品ですが、現在の視点で見ても十分完成度は高いです。

 

反面、可変機構やデザインの弊害で一部の可動域が制限されがちで、現行のアイテム程のアクション性は望めません。

 

 


頭部


ドムというよりは、ペズン・ドワッジに近い形状の顔。

 

モノアイはシールで再現され、モールド等は存在せず。

 

アンテナは軟質素材で、プラスチックと比べ、耐久性は若干高め。

 

首はボールジョイント接続。

 

頭部が大きく、大きく張り出した肩アーマーの所為で、可動域はかなり難あり。

 

上を向いたり、顎を引いたりは殆ど出来ません。

 

上下の可動だけでなく、左右に首を振るのも厳しい程。

 

 


肩部


肩の可動域は標準的で、腕を水平まで上げることは可能。

 

また、変形機構の副次的効果により、肩を上方向へ上げる力の入ったポーズも可能。

 

 


腕部


肘関節は90°程度可動と、シリーズでは標準的な可動域。

 

当時のHGUCとしては珍しい、ハイディテール仕様のマニピュレータ。

 

握り拳のみ付属ですが、造形は秀逸。

 

ただし、ばらけ易いので接着を推奨。

 

 


胴体


胸板のような装甲が逞しい印象の胴体。

 

合わせ目も殆ど無く、パーツ構成は中々優秀。

 

胸部装甲は開閉し、内部メカも再現。

 

固定ピンにより、各形態でしっかりとディスプレイ可能な強度を誇ります。

 

反面、塗装やディテールアップを施す場合は邪魔になることも。

 

胴体は殆ど可動しませんが、可変機構により屈む動作は可能。

 

背部のバックパックは、単色成型ながらディテールは良好。

 

左右のダクトはスライド可動。

 

 


下半身


股関節はボールジョイント接続で、可動域はかなり狭め。

 

膝は二重関節ですが、パーツの干渉で90°より少しだけ曲がりますが、必要十分な可動域。

 

足首の可動箇所は多いものの、可動域と接地性に関しては期待出来ません。

 

足裏のスラスターは別パーツで再現され、つま先も独立可動。

 

ガンダムMK-Ⅱとの比較。

 

MK-Ⅱより一回り大きいものの、劇のイメージと比べるとやや小ぶり。

 

二回り程大きいと、劇中に近いイメージです。

 

 


オプション


付属品は大型ビーム・ライフルと銃握り手。

 

そして、多重関節「ユニバーサルジョイント」を内蔵した、専用のディスプレイスタンドが付属。

 

大型ビーム・ライフルは、サイズ・造形共に良好ながら、分割は時代相応で合わせ目は当然存在。

 

銃口の内部は比較的あっさりした造形。

 




 


MA形態


前述したように、キットはMA形態へ差し替え無しで完全変形可能。

 

まずは各部ハッチを開きます。

 

マニピュレータ、両足は伸縮機構で内部へ収納。

 

胴体を折り畳み、上半身は円盤状に形づくります。

 

最後にビーム・ライフルを取り付け、ユニバーサルジョイントに接続して完成。

 

今見ても独創的な可変機構を備えるアッシマー。

 

円盤状のリフティングボディの再現性は申し分なく、ロック機構で保持力も高め。

 

 

ユニバーサルジョイントは、極めてフレキシブルに可動し、モーメントによる転倒にさえ注意すれば、あらゆる状態でディスプレイ可能。

 

MA形態だけでなく、MS形態にも対応し、さらに別売のアイテムにも対応(※)している優れもの。

 

※対応していないものも存在。

 

 


アクション


ということで、「HGUC アッシマー」でした。

 

現状におけるアッシマーの立体物としては、サイズ、造形、ギミック共に優秀。

 

多色成型も問題なく、色分けもほぼ再現。

 

スラスター内部までは色分けされていないので、設定のカラーリングにする場合、個別に塗装する必要はあります。

 

また、全体的に可動域がかなり狭く、特に首の自由が利かないのは痛いところ。

 

せめてモノアイを可動化させて、表情を付けるようにする等、それなりに改修箇所も多め。

 

総括すると、長所と短所はハッキリ出ていますが、それなりに出来は良い部類です。

 

そして、今回はこのように完成させました。

完全変形の運命か、塗膜の剥がれを防ぐための改修に時間を大分取られました。

 

しかしながら、今回も概ね満足の仕上がりとなりました。

 

変形時に塗膜が剥がれやす以外は。

 

完成品の詳細は下記リンクからどうぞ↓

HGUC アッシマー完成(塗装改修済み)

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 


オススメ記事


バンダイ HGUC ガンダムMK-Ⅱ(エゥーゴ仕様)REVIVE レビュー

バンダイ HGUC ガブスレイ レビュー

バンダイ HGUC ハンブラビ レビュー

バンダイ HGUC バーザム レビュー

バンダイ HGUC ガルバルディβ レビュー

バンダイ HGUC バイアラン レビュー

バンダイ HGUC RX-75 ガンタンク レビュー

バンダイ HGUC ゴッグ レビュー

 

 


関連商品



HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 MSA-003 ネモ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-099 リックディアス (クワトロ・バジーナカラー) (機動戦士Zガンダム)


HGUC 機動戦士Zガンダム バイアラン 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RX-110 ガブスレイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC No.145 1/144 RX-139 ハンブラビ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 PMX-000 メッサーラ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 機動戦士Zガンダム バーザム 1/144スケール 色分け済みプラモデル


HGUC 1/144 ORX-005 ギャプラン (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-108 マラサイ (機動戦士Zガンダム)


HGUC 1/144 RMS-106 ハイザック (機動戦士Zガンダム)

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です