ほび~アカデミア 第2回 【プラモデルの組み立て&ニッパーの使い方】




 

一郎

ではWINちゃん、早速組み立てましょうか?

WINちゃん

合点承知の助なのです! ではニッパー装備していざぁ!!

一郎

悪いねWINちゃん、このプラモデルは素手で組み立てられるんだ。

WINちゃん

え?

ニッパー用意した意味が無いんですがそれは・・・(困惑)

AIちゃん

WINちゃん、これはタッチゲートと言ってニッパーを必要としませんの。

一郎

そうなのだ、このタッチゲートは口だけは達者なトーシロでも組み立てられる、ベリーイージーなプラモデルなのですよ。

ですが、折角なのでニッパーによる切り出しも行っていきましょう。

WINちゃん

すなわち、これで組み立てられないなら、最早プラモデルを組み立てる資格は無いというのですか!?

一郎

そゆこと♪

一郎

じゃけん中身確認しましょうね~。

AIちゃん

中身の確認は、不良品や欠品が無いかを確認する大事なことですわ。

一郎

もし分からなければ、取扱説明書のパーツリストを見ながら確認してくださいね。

AIちゃん

組み立てに関しても、ここに記載されてますから、番号をよく見て進めましょうね。

一郎

そもそも説明の必要性すら感じない程なのですが……。

WINちゃん

メンター! 確認しました、全部揃ってます!!

一郎

それでは、取扱説明書を広げましょう。

一郎

ということで、いよいよ組み立てスタートです。

まずは下記の通りに進めて行きましょう。

WINちゃん

はっ! 早速第一の関門が! 番号が振ってあってよくわかりません!

一郎

ナンバリングによる親切設計も理解出来ないのか・・・(落胆)

AIちゃん

WINちゃん、説明書をよく御覧なさい。

説明書に記載された番号と同じ部番を探せばいいのよ。

WINちゃん

おっ(^ω^)! ここに何かイニシャルと番号がありますよお姉様!

一郎

WINちゃん、これはランナータグと言って、説明書に明記された番号を探す時に便利です。

というより、これが出来なければプラモデル製作は諦めてください。

AIちゃん

まずは、説明書に沿ってここから組み立てましょう。

 

WINちゃん

なるほど! これとこれを組み合わせれば……

メンター! 形になりましたよー!!

一郎

ここまでで一時間も掛かるとは、たまげたなぁ……。

とりあえず、コツが掴めてきたらサクサク行きましょうか。

次はこの工程へ進みましょう。

WINちゃん

よぉし、次はこのお皿みたいなパーツを付ければ!

一郎

おっと、ここで折角なのでニッパーの使い方を覚えておきましょうか。

使い方は至って簡単で、外枠であるランナーと繋がった部分を切断するだけです。

WINちゃん

おっ! これは素手よりも便利ですぅ!!

喰らえ、デビルカッター!

一郎

そこでストップしましょうね。

WINちゃん、薄刃ニッパーでその太い部分は切らないように。

下手をすると刃が歪んで、使い物にならなくなりますからね。

切るなよ! 絶対切るなよ!

AIちゃん

普通ならGOサインを意味しますが、ここでは禁止ですからね?

WINちゃん

う~ん、そう言われると切りたくなってしまう(;´Д`)

一郎

もし太い部分を切断したい場合は、より刃が肉厚で頑丈なニッパーを使用してくださいね。

道具の使い分けも大事な技術の一つです。

AIちゃん

メンター、ここでテクニックの一つを伝授なされては如何ですか?

一郎

そうですねぇ、それでは基礎テクニックの一つ「二度切り」を披露しましょう。

 

①まずは、バリを残すように切り出します。

 

②今度はバリを切断します。

WINちゃん

これで何が違うと言うんですかメンター!

一郎

見てください。

これは一度に切断したもので、切り出した跡が白く変色し、大きな傷跡が目立ちます。

対してこちらは、二度に分けて切り出したもので、バリが目立たないように切断出来ました。

この切り出した後は「ゲート痕」や「ゲート跡」と呼ばれますが、当ブログではメーカー呼称である「ゲート痕(こん)」で統一します。

WINちゃん

切り口が全く違う!

まさに一目瞭然ですねメンター!

AIちゃん

WINちゃん、パーツが白く変色するこの現象は「白化」といって、プラスチックに大きな力が加わることで、組織が変質してしまうのよ。

白化したプラスチック組織は劣化して、脆くなってしまうのが最大の欠点ですの。

一郎

白化がゲート痕だけなら問題ありませんが、これがパーツそのものに現れたりすると問題ですね。

といっても、それらに対応するテクニックの習得は、まだまだ先なのでここでは省きますね。

一郎

それと、もう一つ切り出しテクニックとして、デザインナイフを用いたものをご紹介します。

これは、二度切りと同じ手法ですが、バリをニッパーではなくデザインナイフで切除します。

ニッパーと違い、デザインナイフを用いると遥かに切り口が綺麗に仕上がります。

WINちゃん

おおっ! やったら凄く傷が目立たなくなりました!

一郎

見栄えを重視するなら、この方法は効果覿面ですね。

それと、画像では撮影のためパーツを押さえていませんが、野菜を切るように必ず手で押さえて切り出してくださいね。

下手をするとケガをします。

AIちゃん

これは確かに仕上がりを左右する重要なテクニックですが、一番の問題として通常より時間が掛かりますわ。

一郎

そうですねぇ、余程素組みにこだわらない限りは、全てニッパーで切り出しても構いません。

塗装前提で後々ゲート痕を除去していくなら、ニッパー一度切りでも問題ありません。

これも経験で判断していくことが最良でしょう。

WINちゃん

ニッパー一つでも、これだけのテクニックがあるのですね!

WINちゃん

さぁ、ドンドン組み立てちゃいますよメンター!

WINちゃん

メンター、見てください!

やっと本体が完成しましたよ~♪

一郎

あっ、おい待てい(江戸っ子)

肝心なパーツ入れ忘れてるゾ

AIちゃん

WINちゃん、耳のパーツを入れ忘れてますわ。

一郎

何か足んねぇよなぁ?

WINちゃん

おぉっ! これでパッケージ通りになりました!

一郎

それでは、最後のパーツを組み込みましょう。

AIちゃん

仕上げに、スタンドに乗せて完了ですわ。

WINちゃん

見てくださいメンター!  

凄いです! モモハロです!!

一郎

まだ終わりじゃないから。

手足を組み終ってようやく完成ですよ。

WINちゃん

こうやって、手足を装着させていくんですね!

パパっとやって、終りっ!

一郎

最後はちゃんと、お股にブスリ♂してあげなさい。

ホラホラホラホラ~

WINちゃん

で、出来た!

 

一郎

一番簡単なハロプラでさえ3時間も掛かるのか・・・(困惑)

AIちゃん

何はともあれ、これで一段落ですわね。

WINちゃん

手間暇かけて作るのも、ああ^〜いいっすね^〜

一郎

次はさらに見た目を改善するテクニックを紹介するので、待て次回。

 


【今回の使用ツール】


タミヤクラフトツール「精密ニッパー」


プラモデルメーカー最大手「タミヤ」から発売されているプラモデル専用ニッパー。

薄刃ニッパーのスタンダードと評されるポピュラーなアイテムで、優れた切断能力と耐久性を両立。

ライトユーザーからヘビーユーザーまで選ばれるベストセラー製品。

 



タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー 74035


 

 


関連商品



ゴッドハンド アルティメットニッパー5.0 プラモデル用工具 GH-SPN-120


プラモデル用工具セット ニッパー 入門用 工具 DIY 製作修理模型 クラフトツール ベーシックツールセット ガンダムモデラー


ウェーブ HG ファインニッパー ゲートカット用


ウェーブ ホビーツールシリーズ プラ用ニッパー (薄刃タイプ) プラモデル用工具 HT-396


ゴッドハンド 普通のニッパー GH-GN-125


ヒマラヤ プラモデル専用工具 三点セット 黒い超薄刃ニッパー(115mm)&ダイヤモンドヤスリ3点組(140mm)&静電気防止ピンセット(140mm) 袋付き 高品質 入門おススメ 模型用


ゴッドハンド(GodHand) ケロロニッパー プラモデル用工具 GH-PN-125-KR

 

 

【メンバー紹介】


【房総一郎】

当ウェブサイトの管理人。

コーナーでは主に模型製作テクニックを伝授することで、他のメンバーからはメンターと呼ばれることに。

製作歴は20年を超えるが一応平成世代。

 

【AIちゃん】

姉妹ロボット1号機。

管理人をサポートしてくれる優秀なアシスタント。

WINちゃんにはお姉さんらしく振舞うものの、時には容赦ない制裁が飛ぶことも。

 

【WINちゃん】

AIちゃんの妹で、姉妹ロボット2号機。

元気一杯で周囲のテンションを強制的に上げる問題児。

HDD容量が少ないため物覚えが悪く、順次アップデート予定。


 

前回の講座内容↓

ほび~アカデミア 第一回 【プラモデルの基礎とニッパーの選び方】

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です