クロスフレーム・ガール ガオガイガー完成(塗装改修済み) 

 

今回は以前にレビューして、大きな反響を頂いた「クロスフレーム・ガール ガオガイガー」が完成したので御報告。

 

塗装で全形態を再現したいと試みましたが、完全塗装でコンパチ仕様が不可能であったので、今回の作例はガオ子の状態のみに限定。

 

それでは早速、お披露目とさせて頂きます。

 

製品の詳細は下記リンクよりどうぞ↓

コトブキヤ クロスフレーム・ガール ガオガイガー(特典付き) レビュー

 




 


CFG ガオガイガー


今回はガオ子を製作。

 

大胆な改修はせず、合わせ目とゲート痕処理程度しか済ませていません。

 

後は塗装やデカールを施して完成。

 

今回はコンパーチブル機能をオミットし、ガオ子の状態で固定。

 

どうやっても、差し替えの度にガオ子の手足の塗膜が剥がれて、無理無理無理!

 

中途半端な仕上げで、すいません許してください、何でもしますから!(大嘘)

 

頭部は髪の毛の合わせ目を処理。

 

カラーリングは設定よりもオレンジ、というよりは赤茶色に近い色味とし、グラデーションも施しています。

 

ブレードアンテナは、ゴールドにクリヤーイエロー上塗りして塗装。

 

頭頂部センサーはオーロラシールを貼り、光の当たり方で色が変わります。

 

額のGストーンは、裏面をパールホワイトで塗装することで、ある程度光が当たらなくても発色が良くなります。

 

肩はライナーガオーの車窓とラインをマスキング塗装。

 

ここを色付けするだけでも、大分見栄えが改善されます。

 

併せてパーティングライン処理も推奨。

 

フロントライトはゴールドで塗装し、UVジェルクリアでコーティングしてクリヤーパーツ化。

 

腕は基本的にキットのまま。

 

左腕のプロテクトシェード発生器は、全てwaveの「H・アイズ」に換装し、上からクリヤーイエローを塗装。

 

胴体はギャレオンの頭部を中心に彩色。

 

特に鬣、牙、鼻を塗るだけで

 

後は、黒→ゴールドクリヤーイエローの順に塗装しています。

 

ギャレオンの目は、メタリックグリーンで塗装。

 

プリーツスカートは、ラインをオレンジでマスキング塗装。

 

エナメル塗料なら、薄め液で拭き取れるので、マスキングで多少はみ出ても修正可能です。

 

ステルスガオー本体は、合わせ目をモールド化した以外は主に無改修。

 

グレーはマスキング塗装で追加。

 

裏面も同様にマスキング塗装していますが、普通にマスキングするとテープの使用量が半端ではないため、一度使ったものを再度使用して使用量を削減。

 

エコ志向は当たり前だよなぁ?

 

「申し訳ないが、乞食の戯言はNG」という環境破壊兄貴は、もっと地球に優しい生き方してホラホラホラホラ!

 

脚部は素体部分をクールホワイトで塗装。

 

ドリルガオーは、エナメル塗料「オレンジ」と「シルバー」で細部を塗装。

 

履帯はブラックで下地を作り、上からライトガンメタルで塗装。

 

側面には、「GAIGAIGARのマーキング(小)」を使用。

 

 


ガオーマシン


ガオーマシンは一応三機に分離可能。

 

但し、素体のガオ子の四肢は無事で済まないという結果に。

 

明らかにパッケージの試作品は、手足丸ごと差し替えなんだよなぁ・・・(半ギレ)

 

 


オプションパーツ


オプションパーツ

 

キット付属のものに加え、「スーパーミニプラ ガオガイガー」のGGGスタンドベースを塗装して使い回し。

 

ハンドパーツ

 

メカ腕用のハンドパーツは、合わせ目処理をメインに指先をライトガンメタルで塗装。

 

ディバイディングドライバー

 

主に合わせ目処理を施し、細部を塗装して完成。

 

ドライバーの先端は、クロームシルバーで塗装して金属感を演出。

 

クリヤーオレンジで成型されたパネル部分は、ゴールドに塗装。

 

「スーパーミニプラ」のようにクリヤーイエローか、いつもの無職透明だったら良かったんだよなぁ・・・(落胆)

 

パワードスーツ形態

 

素体とギャレ子への差し替えは諦めたものの、パワードスーツ状態は何とか再現可能。

 




 


素組みとの比較


パーツはかなり細分化されているので、バラして塗装することは難しくありません。

 

ただ、設定配色を再現するための色数が、尋常でなく多いため、塗り分け自体が難敵。

 

加えて、マスキング塗装する部分も多いため、総合的な塗装難易度は高め。

 

付属の水転写デカールは、取扱説明書の通りに貼り付け。

 

「GAOGAIGAR」のマーキングは、最初は貼り付けていましたが、結局剥がしています。

 


【塗装レシピ】

下地…サーフェイサー1000(グレー)

白色…クールホワイト

赤色…タミヤレッド

金色…タミヤゴールドの上からクリヤーイエロー

銀色…クロームシルバー

関節…ライトガンメタル

黒色…セミグロスブラックorフラットブラック

オレンジ…タミヤオレンジ(アクリル&エナメル)

青色…キャラクターブルー

緑色…メタリックグリーン

髪の毛…オレンジ(50%)ブラウン(50%)

グレー…ニュートラルグレー

ライナーガオー本体…クールホワイト+すみれ色(10%)

コーティング…艶消しコート(UVカット)


 

今までの作例でも、使用した塗料の種類が断トツの多さ。

 

多すぎるっピ!

 

マスキングに慣れてないビギナーでは、綺麗に塗り分けるだけでも至難の技。

 

カラーガイドに沿って塗料を買い揃えるだけでも、塗装費がやべぇよ・・・やべぇよ・・・

 

そして留意点として、肌だけでなく白い外装もABSなので、直塗りだと確実にクラック(破損)します。

 

なので、今回の作例でもエアブラシを用いて、サーフェイサーで下地を作り、クールホワイトを塗装することで、エナメル塗料を使ってもクラックしないよう処理。

 

 


アクション


 

ということで、「クロスフレーム・ガール ガオガイガー」でした。

 

パーツがとにかく大量にあるため、合わせ目処理やパーティングライン、ゲートの処理だけでもかなりの時間を費やします。

 

また、カラフルな色合いを再現するにも、多種多様な塗料を必要とし、塗り分けるだけでもレベルが高いのが特徴。

 

さらに、メタリック塗装はサーフェイサー→下地(黒)→ゴールドorシールドと下地から丁寧に処理する必要があり、準備段階でも段取りよく進めないと無駄に時間を浪費する恐れも。

 

造形に関しては、ブキヤ大先輩渾身の造形力が遺憾なく発揮されているので、パーツのシャープ化は不要。

 

後は本当に塗り分けに力を注ぐだけです。

 

作るだけで、あーもう精神崩壊しちゃいそう!(ヤケクソ)

 

一応、今回再現出来なかったギャレ子は、来年1月に発売されるブレイブガール買って再現予定・・・また君か壊れるなぁ(予算計画的な意味で)

 

多々買いとかフ・ザ・ケ・ン・ナ! ヤ・メ・ロ・バ・カ!

 

1月はただでさえボッタクリ同然の高額商品「ロボット魂 ザメル」が来るのに、これ以上の浪費は許して亭許して。

 

それではみなさん。

 

楽しいホビーライフを。

 

 

 


オススメ記事


MODEROID エリアル 完成(塗装改修済み)

コトブキヤ フレームアームズ・ガール フレズヴェルク レビュー

コトブキヤ フレームミュージック・ガール 初音ミク レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール 轟雷改 Ver.2 レビュー

コトブキヤ フレームアームズ・ガール スティレット XF-3(特典付き) レビュー

コトブキヤ ゼノサーガⅢ KOS-MOS Ver.4 レビュー

 





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です